増額の審査に通過できない人の特徴と注意点

キャッシングをするときに限度額が足りないということがあると思います。こんなときに使える増額という便利な方法があります。

しかし、増額するには新たな審査を受けなくてはいけないので再度申し込みをする必要があります。

増額の申し込みは基本的に電話か各ローン会社の公式サイトのどちらかで行います。

ただ、審査をもう一度受けるため必ずしも審査が通るとは限りません。落ちる可能性も十分あります。

増額の審査に通過できない人にはある特徴があります。

カードローンの返済状況が良好ではない

他社借入金額が増えている

転職などで収入状況が悪化している

返済の長期延滞を起こしている

これらに当てはまる人は審査に確実に落ちると思ってください。

当てはまらなかった人も注意点があります。

①希望額を大きくしないように

②50万円を超える増額を申し込むと、収入証明書の提出を求められる。

③場合によっては在籍確認がある

アプリで節約のお役立てを行う方法

近年ではネット社会で、スマートフォンを持ち歩いている人も増えています。こうしたスマートフォンで色々なサービスを受けながら生活費を節約する方法などが沢山あります。簡単に言えばアプリを起動させて、それぞれクーポンを発行してもらい利用するお店でそのサービスを受けると言ったことであればスマートフォン一つ持っていれば普通に買物をするよりもお得なポイントや価格で取引を行う事が出来る様です。

アプリも様々な企業が協賛していて、実質企業としても宣伝の費用としてコストを支払っている様ですが利用する人々はクーポンなど少しでもお得なものはないかと調べて取引を行います。キャッシュレス決済などを行う業態も増えている事から今では、こうしたキャッシュレスを利用するだけでも数パーセントがキャッシュバックされたりするなどスマートフォンで現金を使わずに取引を行うだけでも値引を受けたりキャッシュバックを受ける事となります。

アプリを活用するだけでも節約になる事は知っている人にとっては常識ですが、使っていなかったと言う人にとってはかなり節約につながったりします。それがちりも積もればかなりの金額に差が出てくると思うので利用すると良いでしょう。

クレジットカード支払いにするとポイントが貯まる節約術

現金で支払いするとポイントもたまらずなんだか損をした気になります。現在公共料金から日常の買い物、年金、外食、その他クレジットカードで支払いできる全てのものをまとめています。いろんな種類のクレジットカードがありますが今は楽天カードで統一しており月に1700ポイント前後入ってきてます。

その入ったポイントで日常的に使うものを購入したり、ちょっとゲーム感覚ではあるが投資信託を購入したりしてプチ資産運用をして楽しんでいます。昔からこのやり方をしているので現金で何も返ってこないことが個人的にはもったいなくてやり始めた結果ある程度の貯蓄(投資信託、ポイント買い付け)や節約ができています。

最近ではキャッシュレス化も進んできているので大抵のお店で使用でき、買い物に関しては店頭購入よりネットの方が安い場合もありしかもポイントを使うことができるので断然お得プラス節約効果としては高いと思います。

注意点としてはクレジットカードは見えない支払いでもあるので使用額をしっかり把握して、把握が難しい方は機能として限度額を超えたら使えないようにすることもできるので使いすぎに注意した上で節約術の応用としてこの方法はオススメしたいと思います。

キャッシングは安定した収入がなによりも大切

キャッシングの申し込みは雇用形態にかかわらず行なうことができるため、アルバイトの方でも審査に通過できる可能性があります。

キャッシングの審査において安定した収入があるというのは大きなポイントであるため、勤続年数など職場に長く勤めている方は返済能力があるとみなされる場合もあります。

逆に仕事を始めて間もない方では今後も仕事を続けられるかどうかが分からない部分もあり、信用の面において乏しくなってしまうことも考えられます。

審査をする側も人間であるため、利用者が今後借入金額の返済をしていくうえでの見通しや安定性などをいかに印象づけることができるかが、キャッシングを利用するうえでのひとつのポイントとなります。

貯金だってゲームのひとつ。

子供の頃に、お気に入りの貯金箱に、お小遣いを貯めたという経験は皆さんありませんか?

あのワクワク、楽しい気持ちがあれば、きっと貯蓄なんて簡単です。と言い切りたいのですが、大人になると、そう単純に物事は進みません。

例えば、数々の人生のターニングポイントがやってくるからです。それは個人差はありますが、結婚、出産、引っ越し、家を建てたりマンションを購入したり、また子供が生まれれば、その教育費であったり、頭を悩ませる出費が延々と続きます。

ファイナンシャルプランナーの方を招いて、家計の見直しを一度お願いした事がありますが、そこは譲れないなと思うポイントも多く、抜本的な解決までは至りませんでした。そして、いきなり大金を貯めるとなると、意気込みだけで空回りして終わりそうです。

では、出来る事はないかと言うと、そうでもありません。一度、貯金アプリなるものを試してみました。例えば、スマホと歩数計と連動させて、一日2000歩以上歩けば50円だとか、GPSと連動させて、どこかにチェックインしたら100円という風に、自分でルールや金額が決められます。

しかも、1人ではどうしても甘くなってしまいますが、例えば夫婦で、家族で、そのアプリに招待すれば、同じ目標を持って一緒に貯金をする事ができます。それが、何かを買う目的とか、どこかに旅行に行くという風に、具体的なプランに向けて、いくら貯めると言うのが、グラフ化されるので、実現しやすいかも!?と個人的には感じました。面白いルールも自分で作る事が出来ますし、ゲーム性も見いだせるかしれませんね。

漠然とお金を貯めるのは、何だか頂上の見えない登山のようで、苦行でしかありません。それをアプリが、あと何日で貯まるであろうと言うところまで計算して可視化してくれるのなら、心強い山登りのパートナーがいると言っても過言ではありません。ぜひ皆さんにお試し頂きたいです。

サラリーマンでも簡単に税金の節約ができる

転職活動をしていると交通費の出費がかさんで金欠になります。そんなときに良く利用していたのが在宅ワークでできる仕事でした。「ノマド」や「soho」なんて言葉が出てきたようにこつこつ続けると家賃も払えるぐらいに収入を得ることができます。

年間の収支が20万円以下なら申告不要ですがそれ以上の金額を手に入れることができるのならば確定申告で税金を戻すことができます。パソコンを持っているならecサイトの運輸やしょうひん登録が単価が高いように思います。

節約のために何も本気で在宅ワークで稼がなくてもある程度ある程度働いていましたよって誰かに説明できるくらいの稼動時間があれば、確定申告で本業で得た収入にかかる税金を少なくすることができます。在宅ワークとして使っていた部屋の家賃や、電気代それから通信費あたりは仕事をする上での経費として申告することができます。

たとえ20万円収入があったとしても毎月の家賃の半額程度を費用として計上すれば実際は収入が10万円として計算されます。収入より経費が多ければ赤字となりその分本業で支払うべき所得税を抑ええることができます。インプラント等で医療費がかかった場合にもお得な制度です。

給料が入ったらすぐ振り分け!が叶える貯金術

私の貯金術は、給料が入ったらすぐ口座に振り分ける方法です。目新しさが無い貯蓄方法かもしれませんが、私はこれで毎年100万円以上の貯金と、母との海外旅行費20万円以上を貯蓄できていました。給料が入金されると、1ヶ月の生活費と決めている金額だけを残して、自分用貯金と母との海外旅行費貯金に振り分けます。普段は使いの口座は、生活費の入っている口座だけなので、残りの生活でどのように使っていけばいいかを考えやすくなります。

貯金できていない友人で多かったのは、使って残った分が貯金となっているというもので、そもそもどのぐらい貯金額があるのかしっかり把握できていない状況です。しかし、そうなっていると陥るのがクレジットカードの引き落とし地獄です。気づくと残っていると思っていた貯金が、数ヶ月後に来る引き落とし日にどんどん消えていくのです。貯金を増やしたいのであれば、通帳に定期的に目を通して自分のお金をしっかり把握しておくことが必要です。

また、毎日財布の小銭を貯金箱に入れるようにしていました。小銭が財布に溜まって重いということも解消されます。私の場合は、小銭であれば500円でも構わず貯金していました。躊躇なく貯金していくことが重要です。何ヶ月かすると貯金箱を持って貯蓄用口座に貯金に行きます。こうすることで少しずつでも通帳に頑張った成果が現れ、やる気が倍増します。

外食よりも家で食べると節約といえる

我が家は2人暮らしで、どちらかと言えば一般家庭よりも外食の多い家庭かも知れません。しかし二人分の食事を用意する手間や材料なども残ったりする事から外食だと無駄なくもったいなくない事として外食を良く選んで食べています。

しかし健康のことを考えたりすると外食は味付けが濃いものが多かったりとどうしてもその辺りは一般受けを考えているお店が多くなります。ここで考えたのが外食と家でのご飯を半分にする作戦です。周代わりで外食の週と家ご飯の週に分けて行えば調度半分に毎月なります。

そうなれば健康のバランスも按分される事でかなり良い形になります。全く外食ばかりであればそれこそ金額的な負担と合わせて健康を損なう恐れも出て来ます。そうなれば目に見えてお金がかかるケースも増えていきます。もったいないから外食をする考えとしては間違いなでありませんが、先のことを考えて健康面の心配などを踏まえるとやはり家で食べるご飯もかなり重要なポイントとなっていきます。

そうなればバランスを考えて食事を作ったりもしますし、時々外食を織り交ぜると美味しさもさらにアップして考え方も変わるかも知れません。そうなれば家計にやさしいプラスアルファーも考えられます。

楽しく面白くお金を貯めましょう♪

節約や貯蓄は余程お金持ちじゃない限り誰もが関心のあるものだと思います。ただ現実問題、日々の生活で行っていくのは中々難しいです。雑費を抑えるため欲しいものを我慢したり、食費を抑えるため手間暇かけて自炊してみたり…これらが続かないのはズバリ「面白くない」からだと思います。そこで今日は楽しく面白くお金を貯める方法をご紹介します!

私がオススメするのはフリマサイトでの販売。ただ、フリマサイトをやった事がない人からすると「品物を包んだりするのが面倒くさそう」「メッセージのやり取りが怖い」など、ネガティブな印象が強いかと思います。私からするとそんなのは全然ありません。

包装はデパートみたいに綺麗に包む訳じゃなく、お洋服を買った時に貰えるショップバッグに詰めて、ガムテープで止めるだけ。メッセージのやり取りも最低限でいいですし、ほぼ定型文の打ち合いです。最低限のマナーさえ出来ていればトラブルになるような事はそうそうありません。「でも売るものなんてないし…」と思ってる方。フリマサイトは本当になんでも売れます。使いかけの化粧品、封の空いたティーパック(個別包装のもの)、紐が取れたストラップ…これらは私が実際に売ったものです。そのまま家に置いておいたら間違いなく捨てていたものですが、フリマサイトで販売すればお金になる…最高だと思いませんか?

お歳暮に貰った誰も飲まないコーヒーセット、引き出物出もらったカタログギフト…どのお家にも眠っているそんな商品も数多く販売されています。

そしてフリマサイトの醍醐味は、なんと言っても売れた時の達成感!要らないものが自分の力でお金に変わるのを目の当たりに出来ると、本当に嬉しいです。

フリマサイトは楽しく無理なくお金を手に入れることの出来る便利なツールです。もしまだやっていない方がいたらぜひチャレンジしてみて下さい♪

ネットバンクで口座を持っておくこと

銀行口座を1つだけしか持っていない、という人もいるようですが、いくつかに財産を分けておいたほうがよいそうです。

1つの口座で全てを管理していると、貯蓄が上手に出来ないというデメリットが出てきます。

ですから貯蓄専用の銀行口座を持っておくなど、工夫をしておくとよいでしょう。

貯蓄専用口座で最も便利なのがネットバンクです。

ネットバンクは一般の銀行とは異なっており、人件費もそんなに高額ではありません。

人件費を節約できている分、利息にするなど顧客にキャッシュバックを行うことができます。

また一般的な銀行とは異なっていて、通帳があるわけではありません。

ですから、頻繁にお金をおろすという気持ちになれない人が多いです。

お金をおろさないということは貯蓄につながるということです。

ポイントサイトなどで貯まったお金をネットバンクに入金する、というだけでも貯蓄に繋がります。

またメインで使っている銀行口座から定額をネットバンクに入金するというのもよい方法です。

残高に関してはネット上でもチェックをすることができるようになっていますし、もしもお金をおろしたいということになったら、コンビニのATMでも引き出すことができるので便利です。

地方銀行の総量規制までの自主規制はまちまち

総量規制を意識した自主規制が、地方銀行でもいくらか実行している企業があるようですが、結構少ないです。

明確に自主規制をしているものは数社ありますが、(広島銀行、京都銀行、百五銀行など)地方銀行の中でも、とくに大規模で歴史も長いものが多い印象です。

理由としては大手並みにでかいところでありますから、行政の目が厳しいのではないかということが考えられます。

逆に地方でも目立たないところですと、それほど影響がないためか自主規制をしていなかったり、規制があってもそれほど乗り気ではないレベルのようです。

地方銀行なら、まだ借り入れがしやすいところもありますので、ちょっと調べてみて借入しやすいところを探ってみるといいでしょう。

カードローンは無利息で利用できるところがあったりします

カードローンという個人向けの無担保融資であり、無担保というところにメリットがあります。個人の信用を重要視して貸してくれるローンということになりますのでも使い道というのはそこまで限定されるわけではなく、フリーローンということになることが多いです。

多くのカードローンにおいて最初は無利息で貸してくれるというところがかなり増えています。

つまりはとにかく最初に自分のところを利用してほしいということでそういうサービスを提供しているということがありますのでうまく活用するようにするとノーコストで借りられることがあったりします。ですから、業者を選ぶときにはそうしたサービスを提供しているところにしたほうがよいでしょう。

キャッシングの返済が遅れる場合は連絡が必須

キャッシングでは返済期日までに確実に返済しなければいけないというイメージもありますが、決してそんなことはありません。

もしもからかじめ決められた期日までに返済ができない場合には事前に金融機関へ相談することで返済日を伸ばしてくれるケースもあります。

金融機関側としては返済が遅れそうなときにしっかりと連絡をしてくれる利用者の方が信頼できるため、遅れることが分かった場合には速やかに連絡することが大切です。

キャッシングはあくまでお金を借りている状態ですから返すことが前提となります。

何も連絡をせずに返済がないような場合には督促の連絡が来ることもあり、今後のキャッシングや増額に影響する可能性もあるので誠実に対応することが肝心です。

カードローンは銀行系と消費者金融系で使い分ける

カードローンと言えば昔の利息の高い時代の消費者金融のイメージがありますが、現在は法律が整備されて上限は明確に決まっています。

闇金融の様な違法の業者に関わらなければ必要以上に高金利を心配する必要はありません。

上限金利は出資法で一律、年20%以下と決まっています。これを破れば刑事罰になります。

また民事上の利息制限法では借入金額によって年15%~20%と幅があり、元金100万円以上では年15%、10万円未満でも最大年20%までです。

実際の上限相場では銀行系で大体年14%以下、消費者金融系で年18%ぐらいの利息になります。

それも初めての客やリスクの高い客にかかる利息で、返却の実績を積んで信用を増せば10%を大きく割り込ませることも珍しくありません。

ただ銀行系と消費者金融系のカードローンが利用できる客は毎月一定収入のある方に限ります。

また年金だけの収入の場合には審査の早い消費者金融系カードローンを組むことはできません。

副業や不動産や株式等の不労所得が別にあれば大丈夫ですが、年金だけでは銀行系のカードローンでしか借りることはできないでしょう。

ただ銀行系カードは即日審査は難しいですから、日程には余裕を持って準備しなければなりません。

ですが、不測の事態で現金が急に必要になった時に備えて、情報収集や相談をしておけばいざという時に慌てることはありません。

カードローンは銀行系と消費者金融系でどちらを利用できるのかシミュレーションをしておいた方が安心です。

面倒な申し込みの入力も専用アプリで解消!プロミスの専用アプリ!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、今やインターネットから申し込みが可能です。スマートフォンやパソコンを利用して申し込みができるため、スマートフォンなら職場や外出先から短時間で手続きを行うことができます。しかし、スマートフォンを利用できるといっても入力の手間があります。

ですが、プロミスなら専用アプリを利用した申し込みにより、入力作業を簡略化できます。運転免許証や名刺をカメラで撮影することで、必要な情報を自動的に判別して入力してくれます。特に運転免許証はフォーマットが統一かされているため、氏名や生年月日、住所といった情報を入力する手間がありません。

仕事の合間や休憩時間に申し込みを済ませたいというのであれば、プロミスならホームページからではなく、専用アプリを利用しましょう。

初めて消費者金融をお金を借りる時に大手を利用した方がいい理由とは?

消費者金融は大手から中小までたくさんありますが、初めて借り入れを利用する時は大手を利用した方がいいと言われています。大手は審査をしっかりやるので早く借りたい時は中小を利用してしまう人もいますが、なぜ大手を利用した方がいいのか理由を見ていきましょう。

消費者金融は大手も中小も最高金利は18%以上になっているので加算される利息も多くなってしまいます。しかし大手は無利息サービスを提供しているので初めて利用する時は30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。

中小を利用するより加算される利息が大幅に少なくなるので返済する時にすごく楽になります。少額の借り入れをする場合は無利息サービスが適用している間に完済する事も出来るので初めて利用する時は大手を利用した方がいいです。

キャッシングの返済方式にはいくつかある

キャッシングの返済は出来るだけ早くやるのが基本になります。それは何故かといいますとそのほうが利息の支払いが減るからです。返済の方式は基本的に二つあります。まず、毎月、必ず支払う必要性がある金額ということで指定されている約定返済です。まずはこれが基本になります。しかし、もう一つの方式を使うことができるのであればそれにこしたことはないです。

それが随時返済になります。随時返済ができるようになりますとなんといっても素晴らしい事になります。約定返済をしつつ、余裕があれば随時返済を、ということが基本とになることでしょう。これだけでも大分違うことになります。とにかく利息の支払いが嵩む事になるのが約定返済だけをするタイプになりますから注意しておきましょう。

おまとめローンを活用して支払額を減らす方法

適用金利が15パーセント以上の業者からお金を借りている場合には、金額によっては月々の返済額が10万円を超えるケースもあります。標準的な収入の会社員や自営業者にとって10万円を超える返済は、生活を圧迫するような大きな負担です。

しかし金利が低いおまとめローンを活用すると、支払利息を減らせるために借金の返済はかなり楽になります。おまとめローンのサービスを提供している銀行などの情報を調べて、最も有利な条件で借金を借り換えるのがポイントです。

金利が10パーセント未満のローンを活用して借金を一本化すると、今まで以上にスピーディーに返済を進めることもできます。好条件のローンに一本化したり繰り上げ返済も併用するのが、借金の悩みを早期に解決するテクニックです。

私が初めてキャッシングを行った理由について

私は数年前に一度だけキャッシングを利用したことがあります。本来であれば家族や友人からお金を借りることが好ましいとは思っていましたが、結婚式を行うための貯金を散財してしまい、誰にも相談を行うことができなかった中で現金を用意しなければならないと言うことがあったため、キャッシングを利用することとなりました。

キャッシングを行うことがとても不安ではありましたが、インターネットの口コミやレビュー記載をみたところ、さほど不安なくキャッシングを行うことができると言うことと、実際にキャッシングを行うにあたり、対応してくれたスタッフやオペレーターの方がとても親切だったと言うことでより安心することが出来ました。

初めての方でもキャッシングは気楽にできるものであると思います。

Jスコアの特徴とメリットについて

カードローンを利用した場合の金利の相場は、大手消費者金融で17.8~18%、中小の消費者金融だと20%になります。メガバンクだと少し低くなり、約14.5%になります。

あまり知られていはいませんが、メガバンクよりもはるかに低い12%という金利でお金を借りることができる金融機関があります。それがJスコアです。

Jスコアはみずほ銀行とソフトバンクが設立した会社で、AIスコア・レンディングという個人向けの融資を行っています。AI(人工知能)によって金利や限度額が自動的に決まるフィンテックを活用し、自動契約機やATMを設置しないことで経費を抑え、他の金融機関よりも遥かに低い金利を実現しています。

自動契約機やATMがないので、手続きは全てインターネットで完結します。返済方法の選択肢が少ないことがデメリットですが、Pay-easyを利用して手数料無料で返済したり、繰り上げ返済することも可能です。金利を重視するなら、Jスコアでの借り入れを検討してみてはどうでしょうか。