タグ別アーカイブ: 限度額

キャッシングは限度額を考えて利用してきましょう

キャッシングの利用には限度額というものがあります。消費者金融系のキャッシングでは総量規制により年収の3分の1までしか融資をうけることはできませんが、限度額によって実際に融資を受けられる金額は年収の3分の1より小さくなるのが通常です。キャッシングはとても便利なサービスなので、限度額のことをうっかり忘れて借り過ぎてしまわないよう注意する必要があります。

フリーターの方やパートタイムで働かれている方の限度額は10万円前後に設定されることが多いようです。お小遣いの足しにしたいからと言って1万円2万円と借りてしまうとすぐに限度額の10万円に届いてしまいます。限度額を超えて融資を受けることはできませんので、本当にお金が必要となったときにキャッシングの利用ができなくなってしまいます。キャッシングは限度額を考えて利用していくようにしましょう。

キャッシングの限度額と即日融資の関係を知っておく

キャッシングの限度額の設定と即日融資には明確な関連性があります。

キャッシングが銀行の融資と大きく異なる点は、融資の最初の段階で法律によって限度額を設定されていることにあります。
キャッシングは、銀行と違って住宅を購入できるくらいの大口の融資を提供しているわけではありません。

住宅を購入するくらいの融資ならば本人の年収を大きく超えて貸すことが出来ますが、貸金業である消費者金融はそれほど大きな融資を提供していないのです。
これは、消費者金融に適用されている総量規制という限度額を設定する規定が存在するかしないかの違いであるとも言えます。
総量規制は、融資の申し込みにやってきた本人の融資額が年収の三分の一を超えないように規定している規制です。

仮に、年収が300万円ある人ならばこの三分の一である100万円の範囲内で消費者金融からお金を借りることが出来ます。

特徴的なのは、100万円の範囲内ならば一つの消費者金融の融資に限定されるわけではないということです。
ある会社で60万円のお金を借りたとするならば、別の会社で40万円までお金を借りることが出来ます。

100万円という限度額が設定されたときには、全ての消費者金融を含めた限度額ということになるためその金額を超えない限り審査で落とされることも絶対にありません。

そして、こうした情報は一律に信用情報で管理されるため容易に適性があるかどうかを判断することが出来るのです。

こうしたキャッシングの限度額がある以上、少なくともキャッシングの契約では危険性は伴いません。
消費者に対する負担を出来る限り抑えることが出来るのですから、必要以上に審査を厳しくする必要もないのです。

事実、日本国内で展開されている全ての消費者金融は原則として無担保のローンを提供しています。
担保を準備しなくても少額融資を受けることが出来るため、多くの人から支持を集めているのです。

このように、キャッシングは法律によって安全性を守られているため容易に即日融資も実施できるのです。