金利」タグアーカイブ

おまとめローンを活用して支払額を減らす方法

適用金利が15パーセント以上の業者からお金を借りている場合には、金額によっては月々の返済額が10万円を超えるケースもあります。標準的な収入の会社員や自営業者にとって10万円を超える返済は、生活を圧迫するような大きな負担です。

しかし金利が低いおまとめローンを活用すると、支払利息を減らせるために借金の返済はかなり楽になります。おまとめローンのサービスを提供している銀行などの情報を調べて、最も有利な条件で借金を借り換えるのがポイントです。

金利が10パーセント未満のローンを活用して借金を一本化すると、今まで以上にスピーディーに返済を進めることもできます。好条件のローンに一本化したり繰り上げ返済も併用するのが、借金の悩みを早期に解決するテクニックです。

キャッシングの借り換えのタイミングは金利で判断する

すでにキャッシングを利用していて、他のキャッシングに借り換えるかどうかを考えるのは金利が低く借りることができる金融機関を見つけたときでしょう。借り換えには金利が低い金融機関の審査に通る必要がありますが、高い金利の金融機関に長く返済を続けていればいるほど利息はかさむことになりますから、借り換えのタイミングが訪れたと判断すれば早く行動するほうがメリットが大きくなります。

住宅ローンなどのローン商品では残債の一括返済には少なくない手数料がかかることが多いので、手数料と利息額の減額分を正確に計算しなければならないのですが、一般的な無担保キャッシングの残債の一括返済では手数料がかからないと考えられますから、金利が低くなった分はメリットしかないのです。

せっかく利用している金融機関で借りて、順調に返済を続けているのだから、借り換えするのは面倒だ、などを考えていては自分が損をするだけです。無担保キャッシングが一括返済に手数料がいらないのはもともと金利が高いからです。少しでも金利が低い金融機関を見つけたならば遠慮なく借り換えを早めにすべきです。どの金融機関から借りても自分に有利になるように考えるべきだからです。

いろいろな会社の金利を比較

お金に困った時はキャッシングを利用しています。これは20年くらい前から利用しており、きちんと返済はしてきました。

また、いろいろな会社の金利を調べ、なるべく低い金利で利用できるキャッシングを探し、利用してきています。

最初の頃はあまり金利も意識せず利用をしていましたが、数年前から金利を比較。

それまでは15%から20%の金利の商品を利用してきましたが、それがすごく高い金利であることがわかり、いろいろと検索。すると、キャッシングとローンが一緒になった商品で金利が一桁も商品が数多くありました。

商品はキャッシングで利用すると、それがローンとして返済するというもの。つまり、10万円のキャッシングをすると、毎月1万円づつの返済というもの。

とにかくインターネットを検索し、いろいろなカード会社に申し込みを行いました。たぶん、5、6社には申し込みをしたと思います。とりあえず可決になりましたが、それぞれの会社の金利を比較し、一番低い金利のカード会社に本申し込みを行いました。

自分が利用しているのは、金利が5%のもの。以前は15%程度の商品であったので、金利は3分の1に。毎月の返済がだいぶ変わりました。20万円借りた場合の金利の合計を考えると、非常に得をした感じでした。