総量規制」タグアーカイブ

地方銀行の総量規制までの自主規制はまちまち

総量規制を意識した自主規制が、地方銀行でもいくらか実行している企業があるようですが、結構少ないです。

明確に自主規制をしているものは数社ありますが、(広島銀行、京都銀行、百五銀行など)地方銀行の中でも、とくに大規模で歴史も長いものが多い印象です。

理由としては大手並みにでかいところでありますから、行政の目が厳しいのではないかということが考えられます。

逆に地方でも目立たないところですと、それほど影響がないためか自主規制をしていなかったり、規制があってもそれほど乗り気ではないレベルのようです。

地方銀行なら、まだ借り入れがしやすいところもありますので、ちょっと調べてみて借入しやすいところを探ってみるといいでしょう。

総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。

銀行カードローンならば必要な金額を借りられる

銀行カードローンを利用出来るならば、消費者金融へ申込む前に先に銀行を利用すると良いでしょう。なぜなら、消費者金融には総量規制があるので、必要としている金額の借入が出来ない可能性があるからです。少額融資に限定すれば、銀行も消費者金融も違いは少ないですが、借入額が大きくなるほど銀行カードローンが有利になるでしょう。

消費者金融の金利設定は、利息制限法で規定される上限金利に近い利率ですが、銀行カードローンならば上限金利よりも遥かに低い金利設定をしている銀行があります。

銀行カードローンを利用する際には、信用実績を積み上げて借入に対してしっかりと返済することが重要です。個人の与信力次第では、利用可能枠の増額だけでなく金利設定も引き下げてもらえる可能性があります。銀行カードローンの金利設定は、銀行ごとに独自判断がされるものの、中には同じ利用限度額であっても個人別に金利設定を変えている銀行が少なくありません。

リスクに対して金利を引き上げて対応するわけですから、返済能力がしっかりしている人ほど貸し倒れリスクが少なくなるので、結果的に低金利融資を行なっても銀行が損をすることは無いわけです。信用実績を積み上げるほどに銀行カードローンは、消費者金融よりも利息を少なく出来ます。

いろいろある。総量規制対象外のキャッシング

もう複数の業者からの借り入れがあるので、総量規制の関係上新たにキャッシング申し込みは厳しいだろうと考えていらっしゃる方は意外に多いはずです。

年収の3分の1までが借り入れ上限と原則はなっている消費者金融、申し込みの段階で即断られることもあるでしょう。

しかし、数ある業者の中には総量規制対象外という場合もあるのはご存知でしょうか?

それが銀行ローンです。基本的に銀行が出しているキャッシング系のローンは総量規制対象ではありませんので、

消費者金融からの借り入れが既にあってもそれだけでは審査に通らないという理由にはなりません。

お急ぎの方も銀行系のキャッシングは楽天ローンなどで即日融資が出来る場合もありますので、

金利面も含めてかなり魅力的です。

また、もう一つ総量規制対象外のパターンがあります。

それがおまとめローンです。この場合なら消費者金融でも気にせずにお申し込みが可能です。

もちろん銀行系でも可ですので、金利の面からもまず銀行系のおまとめローンを申し込み、

もし審査に通らなかった場合は消費者金融のおまとめローンにお申し込みをしてみましょう。

おまとめならば、月々の支払いもかなり軽減できますので生活が楽になるはずですし、

何と言っても金利が通常のキャッシングプランに比べて低く抑えられております。

これにより払うはずの利息分が浮くためオトクになるのです。

このように、複数の借り入れがあってもまだまだあなたのキャッシングについては、

諦める必要がありません。きっと立ち直れるはずです。