節約」タグアーカイブ

アプリで節約のお役立てを行う方法

近年ではネット社会で、スマートフォンを持ち歩いている人も増えています。こうしたスマートフォンで色々なサービスを受けながら生活費を節約する方法などが沢山あります。簡単に言えばアプリを起動させて、それぞれクーポンを発行してもらい利用するお店でそのサービスを受けると言ったことであればスマートフォン一つ持っていれば普通に買物をするよりもお得なポイントや価格で取引を行う事が出来る様です。

アプリも様々な企業が協賛していて、実質企業としても宣伝の費用としてコストを支払っている様ですが利用する人々はクーポンなど少しでもお得なものはないかと調べて取引を行います。キャッシュレス決済などを行う業態も増えている事から今では、こうしたキャッシュレスを利用するだけでも数パーセントがキャッシュバックされたりするなどスマートフォンで現金を使わずに取引を行うだけでも値引を受けたりキャッシュバックを受ける事となります。

アプリを活用するだけでも節約になる事は知っている人にとっては常識ですが、使っていなかったと言う人にとってはかなり節約につながったりします。それがちりも積もればかなりの金額に差が出てくると思うので利用すると良いでしょう。

サラリーマンでも簡単に税金の節約ができる

転職活動をしていると交通費の出費がかさんで金欠になります。そんなときに良く利用していたのが在宅ワークでできる仕事でした。「ノマド」や「soho」なんて言葉が出てきたようにこつこつ続けると家賃も払えるぐらいに収入を得ることができます。

年間の収支が20万円以下なら申告不要ですがそれ以上の金額を手に入れることができるのならば確定申告で税金を戻すことができます。パソコンを持っているならecサイトの運輸やしょうひん登録が単価が高いように思います。

節約のために何も本気で在宅ワークで稼がなくてもある程度ある程度働いていましたよって誰かに説明できるくらいの稼動時間があれば、確定申告で本業で得た収入にかかる税金を少なくすることができます。在宅ワークとして使っていた部屋の家賃や、電気代それから通信費あたりは仕事をする上での経費として申告することができます。

たとえ20万円収入があったとしても毎月の家賃の半額程度を費用として計上すれば実際は収入が10万円として計算されます。収入より経費が多ければ赤字となりその分本業で支払うべき所得税を抑ええることができます。インプラント等で医療費がかかった場合にもお得な制度です。

外食よりも家で食べると節約といえる

我が家は2人暮らしで、どちらかと言えば一般家庭よりも外食の多い家庭かも知れません。しかし二人分の食事を用意する手間や材料なども残ったりする事から外食だと無駄なくもったいなくない事として外食を良く選んで食べています。

しかし健康のことを考えたりすると外食は味付けが濃いものが多かったりとどうしてもその辺りは一般受けを考えているお店が多くなります。ここで考えたのが外食と家でのご飯を半分にする作戦です。周代わりで外食の週と家ご飯の週に分けて行えば調度半分に毎月なります。

そうなれば健康のバランスも按分される事でかなり良い形になります。全く外食ばかりであればそれこそ金額的な負担と合わせて健康を損なう恐れも出て来ます。そうなれば目に見えてお金がかかるケースも増えていきます。もったいないから外食をする考えとしては間違いなでありませんが、先のことを考えて健康面の心配などを踏まえるとやはり家で食べるご飯もかなり重要なポイントとなっていきます。

そうなればバランスを考えて食事を作ったりもしますし、時々外食を織り交ぜると美味しさもさらにアップして考え方も変わるかも知れません。そうなれば家計にやさしいプラスアルファーも考えられます。