タグ別アーカイブ: 学生

学生がキャッシングを利用する際の注意点

学生でも何らかの理由でお金が必要であり、キャッシングを利用したいということもあるでしょう。学生でも二十歳以上であり、安定した収入があればキャッシングを利用することができます。

安定した収入というのは、アルバイトであっても毎月収入があれば安定した収入と認定されることが多いので、学生でも問題なくキャッシングは利用できます。 ただし二十歳以上という条件は、法律上では親の同意書などがあれば キャッシングの契約を結ぶことができますが、ほとんどの金融業者は親の同意書があっても二十歳以下ではキャッシングの審査を通さない場合が多いので二十歳にならないとキャッシングを利用することはまずできないと考えた方がいいでしょう。絶対にダメだということはありませんがかなり難しいと考えた方がいいのです。

学生でもキャッシングは利用できる?

キャッシング、というと定職に就いた社会人が利用するもの、という印象があり、学生の方には敷居が高そうなイメージもあるかと思います。
さて、学生の方でも利用できるキャッシングというのはあるのでしょうか。

率直に言いますと、キャッシングの審査基準は「20歳以上である」「安定した収入がある」の2点のため、この2点を満たせば、学生の方でもキャッシングの審査を通過することはできます。
年齢に関しては厳格な規定があり、未成年の方は残念ながら利用できません。年齢を満たしており、アルバイトなどをして自ら収入を得ている方であれば、上記の2点を満たせる為利用可能です。
また、両親から一定額以上の仕送りを貰っているなど、本人の所得以外にも返済に使える財源があると判断できる場合は、これも加味して審査される場合があります。

また、学生なので保護者の同意が必要なのでは? という不安がある方もあるかと思いますが、成人であれば保護者の承認は不要の場合がほとんどです。
この財源の判断、保護者の同意の要否などの基準はキャッシング会社によって変わってくるので、確認してみてください。
もちろん契約だけでなく、利用方法・返済方法などもきちんと確認して、計画的・有効的なキャッシング活用をしていきましょうね。

学生がキャッシングを利用するこは可能

消費者金融や銀行カードローンは年齢が20歳以上で本人に安定収入があれば利用できますので、ほとんどのサービスで学生でもお金を借りることができます。

学生がキャッシングを利用するときに注意したいのは、申込みをする本人に安定収入があるかどうかです。

たとえば、親の仕送りで生活をしていてアルバイトをしていなければ、キャッシングを利用することはできません。

また、アルバイトをして仕送りももらっているという状況でも、収入の金額を申告するときはアルバイトのみの金額で審査を受けることになります。

そのため、派遣会社に登録して1週間や1ヶ月だけ働くようなアルバイトではキャッシングでお金を借りることはできませんので気をつけましょう。

長期のアルバイトで半年以上働いていて、毎月10万円以上もらっていればキャッシングを利用できる可能性が十分あります。

学生がキャッシングをするときに親の同意がいるかどうかということですが、基本的に親の同意はいりません。

本人が20歳を超えていて本人に収入があるならば特に親に連絡を取らないといけないということはありません。

長期のアルバイトをしていて安定収入があれば学生でもキャッシングを利用できますので、学業の助けとして活用できます。

キャッシングは学生でも出来る?

世間では一般的に学生という立場ではキャッシングをすることができない、もしくは審査が厳しいのでほとんど無理であるという見解が多いですが、きちんとした情報に基づいて判断をすることができるのならば学生という立場でもキャッシングをすることができます。
一般的なこととしてキャッシング会社も、借りた人がきちんと返済できると思える人にはお金を融資したいと考えています。
それでアルバイトでもきちんと定期的収入がある人であればキャッシングを出来ると考えてよいでしょう。
しかし安定した収入があるだけでなく、家賃や携帯電話の通信料、電気代、水道代、ガス代などがきちんと遅れることなく支払われていることも一つの審査対象になります。
なぜならそれによって、その融資を受ける人が、融資を受けたときに返済について真剣に考える人かどうかを判断することが出来るからです。
そのようなことを踏まえて学生の方はキャッシングの申し込みをしましょう。

学生がキャッシングを利用したい場合

学生の方であっても、どうしても急な出費などでお金が必要になることがあるものです。そのような場合、キャッシングを利用することは可能でしょうか。はい、学生であってもキャッシングを利用することは不可能ではありません。しかし、幾つかの条件があります。

まず、ほとんどの大手キャッシング会社は満20歳以上の人を対象にキャッシングをしていますので、この年齢に達していることが必要です。それに加えて、学生かどうかといった立場に関係なくお金を借りたい場合、毎月一定の収入があることが求められますので、アルバイトやパートタイムの仕事に就いていることが必要です。

そして、実際に就業していることを確認するために、在籍確認の電話が勤務先にかけられますので、勤務先の名称はもちろん、住所や電話番号を事前に把握しておくようにしましょう。こうした、年齢と一定の収入があるという条件を満たしているならば、たとえ学生であってもキャッシングを利用することは可能です。どうしても必要な時には、懸命に利用できるといいですね。