増額」タグアーカイブ

増額の審査に通過できない人の特徴と注意点

キャッシングをするときに限度額が足りないということがあると思います。こんなときに使える増額という便利な方法があります。

しかし、増額するには新たな審査を受けなくてはいけないので再度申し込みをする必要があります。

増額の申し込みは基本的に電話か各ローン会社の公式サイトのどちらかで行います。

ただ、審査をもう一度受けるため必ずしも審査が通るとは限りません。落ちる可能性も十分あります。

増額の審査に通過できない人にはある特徴があります。

カードローンの返済状況が良好ではない

他社借入金額が増えている

転職などで収入状況が悪化している

返済の長期延滞を起こしている

これらに当てはまる人は審査に確実に落ちると思ってください。

当てはまらなかった人も注意点があります。

①希望額を大きくしないように

②50万円を超える増額を申し込むと、収入証明書の提出を求められる。

③場合によっては在籍確認がある

利用限度額の増額申し込みは成功するとは限らない

カードローンへ申し込みを行った直後に設定される利用限度額は、過去に取引を行ったことが無い金融グループの場合ほど様子見のために少額の利用限度額が設定されがちです。最初から100万円を超える利用限度額が設定されるのは、公務員や上場企業の社員に限られてしまうでしょう。消費者金融と銀行カードローンでは、審査内容は非公開となっていますが、個人信用情報機関への照会結果から判断可能な利用限度額よりも最初は少な目に設定することは珍しくありません。

借入と返済が利用限度額の範囲内で自由に行えるカードローンでは、慎重に利用していないと利用可能額を使い切ってしまうことがあります。利用限度額の増額申し込みが約款上は可能となっていることが多いので、銀行や消費者金融のコールセンターへ連絡して、増枠依頼をかけることが可能です。

しかし、増額申し込みを利用者側から行った場合には、お金に忙しい人という認識を貸金業者から見られてしまうリスクを抱えています。消費者金融ならば、総量規制にかかるほどの借入残高があれば、増額申し込みの有無に関わらず、年収の1/3に借入残高が到達した時点で借入はストップします。銀行カードローンでは、新しい増額申請額での再審査が行われるので、結果的に利用限度額が状況次第で減額されてしまう可能性もあると知っておかなければなりません。

キャッシングの増額申込みをするためには

人がお金を借りるために利用するキャッシングですが、基本的に契約のときに借りることのできる限度額を決めることになります。

しかし利用しているうちに限度額以上のお金を借りたいという場合が出てきますが、このような場合にはキャッシングの増額申込みをして限度額を増やす必要があります。

そこでキャッシングの増額申込みをするためにはどのようなことが金融機関から要求されるのかというとまずある程度の期間キャッシングを利用した経験があるということです。

次にこれまでキャッシングを利用してきてしっかりと返済をしているということです。
それから収入が安定していて増額しても問題ないと判断されることが審査の対象の一つになってきます。