在籍確認」タグアーカイブ

大手消費者金融の在籍確認の例外とは?

カードローンを契約する際、原則として職場への在籍確認が取れないと契約が完了できません。特に大手消費者金融で即日融資を受ける際に、在籍確認が取れるかどうかで即日融資の可否が決まります。

しかし大手消費者金融では、在籍確認を後回しにして先に融資を受けることも可能です。100%認められるわけではないのですが、最初の申し込み確認の電話があった時に担当者に相談してみましょう。あなたの属性次第で認められるかもしれません。ただし融資限度額は減額される場合もあります。

また在籍確認の電話連絡がどうしても嫌なら、同様に担当者に相談してみましょう。大手消費者金融では、書面を提出することにより在籍確認を省略することが可能です。ちなみにその書面とは社員証や健康保険証、給与明細などです。ですからお勤めの方のみ認められます。

消費者金融で職場への在籍確認の電話を省略できる?

カードローンを契約する時、ほぼ職場への在籍確認の電話連絡が行われます。

即日融資を希望される方の職場が万が一お休みの場合は、原則即日融資は受けられません。

これではあてにしていた融資が受けられないので、大変困った状況に追い込まれます。

このような事態を回避するには、コールセンターに電話して在籍確認を翌日に回してもらえるようにお願いすればいいのです。

消費者金融なら認められるケースも多く、申込者の審査内容が全く問題無ければ認められるかもしれません。

また社員証や給与明細を提出することにより、在籍確認の電話連絡を省略してもらえるケースもあります。

これらは必ず認められるわけではありませんが、とりあえずコールセンターに電話してみましょう。

こっそり借りれるキャッシング

キャッシングの借入れ審査には在籍確認は必須になっている業者がほとんどです。

審査の基本は返済能力があるかどうかを見極めることにあるので、当然かもしれません。

でも、利用する側からすると会社に確認の電話が入るのって嫌な人も多いのが現状です。

たとえば従業員あてに外線電話がほとんどかかってくることはない職場やコンプライアンス的にうるさい会社で従業員への取り付きがダメな会社なんかの場合です。

こういうときの在籍確認を電話連絡なしで可能にしているのがモビットです。

具体的には社会保険証や組合保険証と給与明細をセットにすることで電話確認の代替えとしています。
電話確認があるのはちょっとなぁと敬遠していた人もこれなら借入れを検討してみてもいいのではないでしょうか。