即日融資」タグアーカイブ

即日融資を受けるにはネットバンクも重要

急にお金が必要になった人のために、即日融資が可能な消費者金融も増えてきました。

しかし即日融資を受けるには、普通の借り入れ以外にも条件がある場合がほとんどで、特に条件に含まれやすいのが銀行口座です。

消費者金融のATMで即日融資を受けるには、午後2時半前までに契約を済ませて借り入れを申し込めば良いのですが、その時間を過ぎていたり、夕方や夜にお金を借りたくなった場合には、スマホ等のネットから申し込む必要があります。

しかしその時間帯に申し込んでも銀行の営業時間外で振込みによる融資ができないので、提携している24時間利用できるネットバンクでのみ、振込みによる即日融資が可能という消費者金融も少なくありません。

すぐお金が必要になったときのために消費者金融を調べるなら、多くの消費者金融と提携しているネットバンクも調べて、口座を作っておくべきです。

即日融資を即日で返済すると利息はかかるのか?

キャッシングには利息が付きものです。

キャッシングを行なっている金融機関は利息によって利益を得ているため当然とも言えますが、即日融資したお金を即日で返済した場合でも利息は付くのでしょうか。

キャッシングは借りた瞬間から利息が付くようにも思えますが、実はキャッシングをしたお金は原則としてキャッシングの翌日から利息が発生するため、その日のうちに返済することができれば利息がかかることはありません。

借りたお金をその日のうちに返済するというケースは少ないかもしれませんが、即日返済をすることで理論上は無利息でキャッシングをすることが可能になるというわけです。

そのほかにも消費者金融などではキャッシングに無利息期間を設けている会社もあるため、そちらを利用することで利息をかけずにキャッシングを行なうことも可能です。

ただし利息はかからないとはいっても返済時にATMなどを利用した場合には手数料が発生する場合があるので注意しましょう。

即日返済は難しいにしても、キャッシングでは借りている期間が長いほど利息がかさんでいくことになります。

少しでも返済額を抑えたいという方は、なるべく短期間で返済を終わらせてしまうことが余計な出費を減らすためのコツと言えます。

即日融資を受けるには銀行口座も重要

生活している中で急な出費があり、どうしても明日までにすぐお金を用意しなければいけない、という事態になることがあります。

そういう時には即日融資可能なキャッシングを利用することになりますが、時間制限が問題です。

というのも、即日融資を謳っているキャッシング業者でも、実際にその日の内に借り入れるには、大抵が平日の14時、つまり午後2時までに契約を終えている必要があります。

が、その時間を過ぎた後に即日融資を受けないと間に合わないことに気付くことも少なからずあるからです。

そうなると基本的に明日まで待つ必要がありますが、例外があります。

一部のキャッシング会社は、特定の銀行口座になら24時間いつでも振込を行っているので、即日融資が受けやすくなるのです。

例えばアコムなら楽天銀行口座、モビットなら三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のどちらか、プロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行に口座があれば、何時でも即日融資が受けられます。

普段使いでなくてもこれらの口座を用意しておくと、急な即日融資が必要になった時に重宝するでしょう。

ちなみに振込が24時間いつでも行ってもらえるとしても、電話窓口や自動契約機には営業時間があるので、申し込もうとしたら営業終了していて手間取る恐れもあるため、即日融資はネットから申込んだほうが確実です。

大手銀行とネット銀行のカードローンの特徴

銀行カードローンは大手銀行とネット銀行のカードローンが人気となっています。それによりどちらを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。そこで大手銀行とネット銀行のカードローンのそれぞれの特徴を見ていく事にしましょう。

・即日融資も可能な大手銀行のカードローン

銀行カードローンは審査が厳しい傾向があって融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いです。それにより即日融資を受けるのが難しいと言われていますが、大手銀行のカードローンは即日融資を受ける事も可能になっています。店舗内に設置されている契約機で申込手続きをすると審査が即日回答されて即日融資を受ける事が出来ます。条件がありますが、即日融資を希望している人は大手銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。

・WEB完結で申込手続きが出来るネット銀行のカードローン

ネット銀行は店舗や契約機が設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。ホームページからWEB完結で申込手続きが出来るのでネット環境が整っていれば来店不要でお金を借りる事が出来ます。申し込みに手間をかけたくない人はネット銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。また24時間いつでも対応しているので忙しくて時間が取れない人もネット銀行のカードローンを選ぶがオススメです。

キャッシングの限度額と即日融資の関係を知っておく

キャッシングの限度額の設定と即日融資には明確な関連性があります。

キャッシングが銀行の融資と大きく異なる点は、融資の最初の段階で法律によって限度額を設定されていることにあります。
キャッシングは、銀行と違って住宅を購入できるくらいの大口の融資を提供しているわけではありません。

住宅を購入するくらいの融資ならば本人の年収を大きく超えて貸すことが出来ますが、貸金業である消費者金融はそれほど大きな融資を提供していないのです。
これは、消費者金融に適用されている総量規制という限度額を設定する規定が存在するかしないかの違いであるとも言えます。
総量規制は、融資の申し込みにやってきた本人の融資額が年収の三分の一を超えないように規定している規制です。

仮に、年収が300万円ある人ならばこの三分の一である100万円の範囲内で消費者金融からお金を借りることが出来ます。

特徴的なのは、100万円の範囲内ならば一つの消費者金融の融資に限定されるわけではないということです。
ある会社で60万円のお金を借りたとするならば、別の会社で40万円までお金を借りることが出来ます。

100万円という限度額が設定されたときには、全ての消費者金融を含めた限度額ということになるためその金額を超えない限り審査で落とされることも絶対にありません。

そして、こうした情報は一律に信用情報で管理されるため容易に適性があるかどうかを判断することが出来るのです。

こうしたキャッシングの限度額がある以上、少なくともキャッシングの契約では危険性は伴いません。
消費者に対する負担を出来る限り抑えることが出来るのですから、必要以上に審査を厳しくする必要もないのです。

事実、日本国内で展開されている全ての消費者金融は原則として無担保のローンを提供しています。
担保を準備しなくても少額融資を受けることが出来るため、多くの人から支持を集めているのです。

このように、キャッシングは法律によって安全性を守られているため容易に即日融資も実施できるのです。