サラリーマン」タグアーカイブ

サラリーマンでも簡単に税金の節約ができる

転職活動をしていると交通費の出費がかさんで金欠になります。そんなときに良く利用していたのが在宅ワークでできる仕事でした。「ノマド」や「soho」なんて言葉が出てきたようにこつこつ続けると家賃も払えるぐらいに収入を得ることができます。

年間の収支が20万円以下なら申告不要ですがそれ以上の金額を手に入れることができるのならば確定申告で税金を戻すことができます。パソコンを持っているならecサイトの運輸やしょうひん登録が単価が高いように思います。

節約のために何も本気で在宅ワークで稼がなくてもある程度ある程度働いていましたよって誰かに説明できるくらいの稼動時間があれば、確定申告で本業で得た収入にかかる税金を少なくすることができます。在宅ワークとして使っていた部屋の家賃や、電気代それから通信費あたりは仕事をする上での経費として申告することができます。

たとえ20万円収入があったとしても毎月の家賃の半額程度を費用として計上すれば実際は収入が10万円として計算されます。収入より経費が多ければ赤字となりその分本業で支払うべき所得税を抑ええることができます。インプラント等で医療費がかかった場合にもお得な制度です。