キャッシング」タグアーカイブ

キャッシングの限度額とは、どれくらいまで借りられるのか。

キャッシングは、返済を前提にしているからいくらでも借りれる、というわけではありません。途方もない金額を貸してしまったら、本当に返済者が返してくれるのか、本人返す意思があったとしても返済して貰えるのかがわからないですよね。そのため、キャッシングで契約できる借り入れ金額には限度額というものがあります。その額を理解するのに必要なのが、「総量規制」というキーワードです。総量規制とは、端的にいうと「自分の年収の3分の1以下まで借りることが出来る」ということです。年収の3分の1以上になると、返済による負荷から返済者の生活が苦しくなったり、金融機関からすると自己破産されて貸し出した金額が回収できないリスクが出てくるためです。

そのため、キャッシングの限度額は年収の3分の1までです。年収が100万円なら33万円まで、600万円までなら200万まで。この3分の1、というのはどれだけ年収が上がっても変わらないので注意しましょう。

キャッシングは安定した収入がなによりも大切

キャッシングの申し込みは雇用形態にかかわらず行なうことができるため、アルバイトの方でも審査に通過できる可能性があります。

キャッシングの審査において安定した収入があるというのは大きなポイントであるため、勤続年数など職場に長く勤めている方は返済能力があるとみなされる場合もあります。

逆に仕事を始めて間もない方では今後も仕事を続けられるかどうかが分からない部分もあり、信用の面において乏しくなってしまうことも考えられます。

審査をする側も人間であるため、利用者が今後借入金額の返済をしていくうえでの見通しや安定性などをいかに印象づけることができるかが、キャッシングを利用するうえでのひとつのポイントとなります。

キャッシングの返済が遅れる場合は連絡が必須

キャッシングでは返済期日までに確実に返済しなければいけないというイメージもありますが、決してそんなことはありません。

もしもからかじめ決められた期日までに返済ができない場合には事前に金融機関へ相談することで返済日を伸ばしてくれるケースもあります。

金融機関側としては返済が遅れそうなときにしっかりと連絡をしてくれる利用者の方が信頼できるため、遅れることが分かった場合には速やかに連絡することが大切です。

キャッシングはあくまでお金を借りている状態ですから返すことが前提となります。

何も連絡をせずに返済がないような場合には督促の連絡が来ることもあり、今後のキャッシングや増額に影響する可能性もあるので誠実に対応することが肝心です。

キャッシングの返済方式にはいくつかある

キャッシングの返済は出来るだけ早くやるのが基本になります。それは何故かといいますとそのほうが利息の支払いが減るからです。返済の方式は基本的に二つあります。まず、毎月、必ず支払う必要性がある金額ということで指定されている約定返済です。まずはこれが基本になります。しかし、もう一つの方式を使うことができるのであればそれにこしたことはないです。

それが随時返済になります。随時返済ができるようになりますとなんといっても素晴らしい事になります。約定返済をしつつ、余裕があれば随時返済を、ということが基本とになることでしょう。これだけでも大分違うことになります。とにかく利息の支払いが嵩む事になるのが約定返済だけをするタイプになりますから注意しておきましょう。

私が初めてキャッシングを行った理由について

私は数年前に一度だけキャッシングを利用したことがあります。本来であれば家族や友人からお金を借りることが好ましいとは思っていましたが、結婚式を行うための貯金を散財してしまい、誰にも相談を行うことができなかった中で現金を用意しなければならないと言うことがあったため、キャッシングを利用することとなりました。

キャッシングを行うことがとても不安ではありましたが、インターネットの口コミやレビュー記載をみたところ、さほど不安なくキャッシングを行うことができると言うことと、実際にキャッシングを行うにあたり、対応してくれたスタッフやオペレーターの方がとても親切だったと言うことでより安心することが出来ました。

初めての方でもキャッシングは気楽にできるものであると思います。

アルバイトの人がキャッシングを利用するための条件

アルバイトで働く人がキャッシングを利用する場合、どの程度の年収が必要か気になる人も多いでしょう。基準は業者によって異なりますが、100万円以上ある方が審査には通りやすくなります。ただ、100万円以下でも同じ勤務先で長く働いている、他社借入がなく信用情報にも問題がないという場合は審査に通る可能性があります。

信用情報に関しては、キャッシングの利用経験がなければ問題が発生することもないと考える人もいるでしょう。しかし、携帯電話の割賦の支払状況や奨学金の返済情報など、意外な情報が記載されていることもあります。

そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に影響を与える支払いの遅れや返済の遅れがないかを見直しておく方が良いでしょう。

アルバイトやパートで働いている人がキャッシングに申し込む場合に気を付けたいこと

消費者金融のキャッシングは、本人に定期的な収入があれば申し込めます。収入の金額に規定はないので、パートやアルバイトなど、フルタイムでは働いていない人でも申し込み可能です。

アルバイトやパートの人がキャッシングに申し込んだ場合、重視されるのは、同じ勤務先でどれくらい働いているかという点です。長ければ長いほど、安定した収入があり返済能力があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。最低でも半年以上の勤務期間はほしいところです。

また、キャッシングの利用限度額は収入も考慮されて決まります。特に初めてのキャッシング申し込みでは、フルタイムで働いている人でも、50万円以上の融資は難しくなります。アルバイトやパートで働いている場合は、あまりにも高額の借り入れを申し込むのは止めた方がよいでしょう。

キャッシング審査は外国人でもOKでした

アメリカから日本にやってきた知人がいます。彼はキャッシングの審査を受けていましたが、無事通っていましたよ。外国人は不利になるのかなと思っていたのですが、最近は日本も外国人だらけですしそれだけで区別されたりはしないのですね。ちなみに、彼はちゃんと日本で働いていて安定した収入があります。今回は、親御さんが倒れて一時的にアメリカに戻らなければならなくなったり、そもそも冠婚葬祭などで貯金がかなり減ってしまっていた時だそうです。

もちろん大きな金額は借りられなかったみたいですが、それでも助かりますよね。遠い外国で困った時にお金が借りられたというのは、大きな成功体験になると思います。今後ますます外国人が増えるでしょうから、より借りやすくなると良いですね。

利息の高さでキャッシングを選ぶ

急にお金が必要になった時に、多くの人々が消費者金融会社からキャッシングするといった事が増えています。キャッシングの特徴は、限度額まで借り入れが行え、その借りたお金は支払いなど様々な用途で使える事であり、住宅ローンやマイカーローンなどと比較して自由度がある点です。

借り易いキャッシングですが、利用する際に注意するべき事は利息がどれだけ発生するのかという事です。利息が高ければ、返済額がそれだけ高くなってしまいますので、出来るだけ利息を抑えたいところです。

キャッシングを活用するには貸付利率が低いサービスを選びます。貸付利率が低ければ低いほど、返済時の負担が減りますので、ユーザーには使い易いサービスとなります。

キャッシングは限度額を考えて利用してきましょう

キャッシングの利用には限度額というものがあります。消費者金融系のキャッシングでは総量規制により年収の3分の1までしか融資をうけることはできませんが、限度額によって実際に融資を受けられる金額は年収の3分の1より小さくなるのが通常です。キャッシングはとても便利なサービスなので、限度額のことをうっかり忘れて借り過ぎてしまわないよう注意する必要があります。

フリーターの方やパートタイムで働かれている方の限度額は10万円前後に設定されることが多いようです。お小遣いの足しにしたいからと言って1万円2万円と借りてしまうとすぐに限度額の10万円に届いてしまいます。限度額を超えて融資を受けることはできませんので、本当にお金が必要となったときにキャッシングの利用ができなくなってしまいます。キャッシングは限度額を考えて利用していくようにしましょう。