タグ別アーカイブ: カードローン

楽天銀行スーパーローンはポイントが貯まるカードローン

ット通販をよく利用するという人におススメしたいのが、楽天銀行のスーパーローンです。

スーパーローンに申し込んで会員登録するだけで楽天ポイントがもらえる、利用状況に応じて楽天ポイントがもらえる、というように、楽天IDと連動させることで、ポイントがたまります。銀行のカードローンなので、金利が14.5%と低めになっている点も魅力です。

スーパーローンは、楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めます。むしろ、楽天銀行に口座を持っていない人の方がお得になります。スーパーローンと楽天銀行の口座開設を同時に申し込むことで、初回の借り入れに30日間の無利息サービスが適用されるからです。

楽天銀行も、口座の利用状況に応じてスーパーポイントが貯まるので、併せて利用することでお得感が高くなります。

楽天スーパーローンは、お得感の高いカードローン

数あるカードローンの中でも、最もお得感が高いのが楽天銀行のスーパーローンです。

まず、銀行のカードローンなので、金利は低めに抑えられています。100万円以下の借り入れの金利は14.5%。大手消費者金融は18%のところが多いので、3.5%もの開きがあります。

さらに、利用に応じて楽天スーパーポイントが貯まるというメリットがあります。会員になると1000ポイントもらえます。入会の翌月末までに借入すると、金額に応じてさらにポイントが付与されます。

楽天銀行に口座を持っていない人は、もう一つ大きなメリットがあります。スーパーローンの申し込みと同時に、楽天銀行に口座を開設すると、初めての借り入れで30日間の無利息サービスが利用できるのです。

ネット銀行なので、もちろん来店は不要。振込キャッシングにも対応しているので、比較的スムーズに借り入れすることができます。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

初めてアイフルと契約しようと考えている方、ちょっと待って下さい。アイフルには、ファーストプレミアムカードローンという非常に低金利なカードローンがあります。

このプレミアムカードローンの金利は年3~9.5%、融資限度額は100万円~800万円と銀行カードローン並みの高スペックです。もちろん30日間の無利息サービスも付いており、即日審査・融資も可能です。さらに最近始まったカードレスでの契約も可能です。

こう書くとなんと素晴らしいカードローンだと思われるかもしれませんが、高スペックならではの審査の厳しさもあります。また契約できる年齢が満23~59歳となる点も注意が必要です。

ですから年収や属性に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがですか?

銀行ATMのカードローン案内!案内があるから安心?

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングローンに比べ、金利が低いことから多くの方が契約したいと考えるものです。最近では、銀行ATMを利用する際、カードローンの契約案内が表示されることもあります。銀行からの案内があるということから、契約できる可能性が高いと感じるケースもあります。

しかし、あくまで銀行取引における判定だけのものであり、確実性が高いものではありません。クレジットカードの引き落とし不能、携帯料金の支払遅延などといった個人信用情報は反映されていないため、審査におけるスコアリング判定よりも精度が落ちていることもあります。あくまで、銀行ATMで表示されるカードローンの案内は勧誘と考え慎重に申し込みすることが重要です。

プロミスの自営業者向けのカードローンとは

プロミスでは自営業者を支援するローンサービスである自営者カードローンというカードローンの取り扱いがあります。このカードローンの特徴や利用するメリットについて解説をしていきます。

・プライベートにも使える

プロミスの自営者カードローンは、借りたお金を事業のために使うことができるのに加えてプライベートな資金にも利用ができるため、非常に融通性が高いという特徴があります。

・審査が早い

自営者カードローンは最短で即日融資に対応しています。急に事業製資金が必要となった時にとても便利なサービスといえます。

・無担保ローン

同カードローンは無担保ローンであるため担保や連帯保証人などを用意する必要なく契約と借入ができます。

無利息のカードローンを利用するメリットとは

キャッシングやカードローンを利用する事で、お金が必要な人はお金を借りる事が出来ます。融資されたお金の返済は、利息が発生しますので、返済時には利息と元金を合算した金額を返済する事になります。分割で返済する場合、月々利息が発生します。返済の負担を軽くするには、返済時に発生する利息をどれだけ少なく出来るかが重要になってきます。

新生銀行のカードローンサービス「レイク」などのように、初回利用を条件に一定期間利息を無料にしてくれる金融機関や金融会社が出てきています。このサービスは、初めて融資サービスを使う人に限定されますが、最大30日間利息が無料となっています。無料期間を過ぎて返済したり、対象となっている金額を超えて融資を受けた場合には、その超過した分だけ利息が発生しますので注意が必要ですが、この仕組みを活用すれば、返済時の返済額を最小限に抑える事は十分に可能です。

無利息のカードローンやキャッシングを提供している金融機関や金融会社の数は、それほど多くありませんので、無利息を目的に申込みが出来る融資サービスを全て申し込んでも良いでしょう。審査は通常のカードローンやキャッシングと同じですので、審査を通過すれば、この無利息サービスを利用出来るようになります。

カードローンを提携ATMで利用する際に注意することとは?

今では、コンビニATM、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATMそして地域や銀行が一体となって借り入れ可能なATMが増えています。しかし、銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンを提携ATMで利用する場合、利用可能時間帯や利用手数料には十分注意する必要があります。大手銀行カードローンの場合、セブン銀行やイーネットATMなど24時間利用可能であり、利用手数料も無料といったサービスがあります。しかし、地方銀行のカードローンの場合、平日は7時から23時まで、土日祝日は8時から21時までの利用に限定されるなど、深夜や早朝の借り入れが出来ない場合が多くあります。また、利用手数料が108円または216円も掛かるケースが多く、借り入れを行う際は利用する頻度に注意する必要があります。コンビニATMは、身近な存在になっているものの、いざ利用しようとしたら借り入れが出来ないという問題を生じさせてしまいます。そのため、カードローンを契約する際は、提携ATMが使える時間帯や利用手数料を把握しておくことが非常に重要です。また、ATM返済方式のカードローンの場合、提携ATMからの返済手続きに対応していないこともあるため、返済日ギリギリといった時には要注意であり、返済遅延の要因となってしまいます。

『ご利用と返済は計画的に』とありますが、現金的な問題だけでなく、借入や返済方法にも計画性が必要です。

カードローンを利用した感想

誰もが一度は急な出費でお金がなくなってしまい、どうしてもすぐにお金が必要な場面を経験したことがあると思います。私もそのような経験がありましたが、その際にカードローンを利用しピンチを乗りきることができました。

一般的にカードローンには悪いイメージがついてしまっていますが、使い方にきちんと注意すればこれほど便利なサービスはありません。いつでも借りれて、いつでも返せるというのは人が思う以上に便利です。

私が実際に利用したのはプロミスのカードローンです。プロミスは三井住友銀行系のカードローン会社なので、安心して申し込みをしました。プロミスの良いところは午前中などの早い時間帯に申し込みをすればその日のうちに審査が完了しカードローンを利用できる場合があることです。

実際、私が初めてカードローンを利用したとき、どうしても早くお金が必要だったので朝早くに申し込みにいくとその日の夕方にはカードローンを利用することができました。

人からお金を借りるということは想像以上に大変なことであり、例えば銀行から融資を受けるとなると、その手続きは煩雑でとても骨の折れるものです。金利はカードローンに比べると安いことが多いですが、融資を受けるために手数料が発生したりと、そこまでの割安感はありませんし、色々な面で融通が利きづらいです。

カードローンであれば好きな時に好きな用途で借りられますし、返すタイミングもある程度は柔軟性があります。また、カードローンというと悪質な取り立てを思い浮かべる方が多いと思いますが、現在ではそのような取り立ては法律で固く禁止されているため、そのような心配は必要ありません。安心してカードローンを利用して欲しいと思います。

カードローンを上手に活用する

金融機関でお金を借り入れる際に、カードローンを利用することができます。安定した職業に就いていて、収入を得ている人の場合は、大手の銀行で借り入れることが可能なので、できるだけ大手の銀行で申し込むことが大切です。カードローンは、金融機関によって金利などの条件に違いが生じることが多いため、借り入れる前に十分な比較をしなければなりません。

しっかりと比較をした上でカードローンに申し込むことで、返済する際の負担を軽減させることができます。金利の高い金融機関で申し込んでしまうと、返済総額が大きくなってしまうため、注意が必要になります。カードローンを初めて利用する人は、どのように手続きをすればよいか分からないものなので、きちんと調べておくことが大切です。

申込から返済までの流れを正確に理解しておくと、スムーズに返済を進めていくことができるようになります。カードローンに申し込む際に気をつける点としては、必要な金額を明確に決めて、借りすぎてしまわないようにすることが挙げられます。返済を進めていく際に、生活費を切り詰めたりせずに済むように、きちんと返済シミュレーションをしておかなければなりません。無理をしてしまうと、後で苦労することになります。