タグ別アーカイブ: アルバイト

アルバイトの人がキャッシングを利用するための条件

アルバイトで働く人がキャッシングを利用する場合、どの程度の年収が必要か気になる人も多いでしょう。基準は業者によって異なりますが、100万円以上ある方が審査には通りやすくなります。ただ、100万円以下でも同じ勤務先で長く働いている、他社借入がなく信用情報にも問題がないという場合は審査に通る可能性があります。

信用情報に関しては、キャッシングの利用経験がなければ問題が発生することもないと考える人もいるでしょう。しかし、携帯電話の割賦の支払状況や奨学金の返済情報など、意外な情報が記載されていることもあります。

そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に影響を与える支払いの遅れや返済の遅れがないかを見直しておく方が良いでしょう。

アルバイトやパートで働いている人がキャッシングに申し込む場合に気を付けたいこと

消費者金融のキャッシングは、本人に定期的な収入があれば申し込めます。収入の金額に規定はないので、パートやアルバイトなど、フルタイムでは働いていない人でも申し込み可能です。

アルバイトやパートの人がキャッシングに申し込んだ場合、重視されるのは、同じ勤務先でどれくらい働いているかという点です。長ければ長いほど、安定した収入があり返済能力があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。最低でも半年以上の勤務期間はほしいところです。

また、キャッシングの利用限度額は収入も考慮されて決まります。特に初めてのキャッシング申し込みでは、フルタイムで働いている人でも、50万円以上の融資は難しくなります。アルバイトやパートで働いている場合は、あまりにも高額の借り入れを申し込むのは止めた方がよいでしょう。

アルバイトでもキャッシングできる?

アルバイト をしている人でも、急にお金が必要になることはありますよね?飲み会が多かったり欲しい物が見つかったりと、アルバイトのお給料だけでは
お金が足りなくなってしまう場合もあるでしょう。そこでキャッシングという手段があります。しかし、アルバイトでキャッシングのサービスを受けられるか不安になる人もいるでしょう。
安心してください。最近ではアルバイトをしている人でも、きちんと安定した収入が毎月あって返済の見込みができる人なら、審査に受かってキャッシングサービスを利用することができます。

キャッシングを利用するには消費者金融会社の審査に受かる必要があります。
この審査では、アルバイトでも1年以上の継続した勤務があると有利と言われていますので、キャッシングを利用したい人はこの辺も気をつけましょう。
また、消費者金融会社の審査に受かる重要な点は「在籍確認」です。これは、消費者金融会社がアルバイトの職場に電話をかけて、本当にそこで働いているかどうかを確かめる確認の作業です。
これが確認できれば、職場で毎月収入を得ているということが判明して、勤務継続期間が短くても審査に受かる可能性が上がります。

キャッシングサービスも商売なので、返済能力がある人に利用してもらいたいと思っているのです。

アルバイト従業員がキャッシング契約をするためのコツ

最近では正社員では人でも契約できるキャッシングサービスが増えていますし、アルバイト従業員であっても契約できるサービスも数多くあります。アルバイト従業員がキャッシング契約をするために抑えておきたいポイントについて、詳しく解説をしていきます。

・最低でも6ヶ月以上の勤続期間が必要

キャッシング契約をするためには継続的な安定収入があることをキャッシング会社に認めて貰う必要があります。短期のアルバイトを転々としているなど現在のアルバイト先の勤続期間が極端に短い場合には安定収入がると認めてもらえない可能性が高くなります。最低でも6ヶ月間、できれば1年以上の勤続期間があると審査を通過できる可能性が高まります。

・他社の借入残高は出来る限り減らしておく

他社に多額の借入残高があるにもかかわらず申込みをした場合も、返済能力に乏しいと判断されてしまう可能性が高く、審査通過は難しくなります。できれば他社債務は完済しておくことをおすすめします。

・年収を確認しておく

消費者金融のキャッシングサービスは総量規制の対象サービスであるため、年収の3分の1を超える借入が不可とされています。自分の年収をしっかり確認し、利用限度額は確実に年収の3分の1以下として申込みを行いましょう。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなる2つのポイント

プロミスは利用条件の中に雇用形態は記載されていないので正社員だけでなくアルバイトも利用する事が可能です。しかし返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまうのでお金を借りる事が出来ません。そこでアルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントを挙げていく事にしましょう。

・月に10万円以上稼いでおく

プロミスは安定した収入を得ている人という利用条件があるのでアルバイトでも月に10万円以上稼いでいる人は審査が通りやすくなります。アルバイトがプロミスを利用する時は週に5日ペースで働いて月に10万円以上の収入を得るようにしておくといいでしょう。

・勤続期間を長くしておく

アルバイトは一つの職場で長い期間働いている人もいればいろいろな職場を転々として働いてる人までさまざまです。そこでアルバイトがプロミスを利用する時は一つの職場で長い期間働いている人の方が審査が通りやすくなります。プロミスの審査では勤続年数が長いほど信用度が高まって審査が有利になります。アルバイトがプロミスでお金を借りたい時は職場の勤続期間を長くしておくといいでしょう。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントはこのようにあるのでしっかり覚えておくといいでしょう。

アルバイトやパートの人が少しでもキャッシング審査に有利となる為に

キャッシングを利用する上で身分上どうしても不利となりがちなのが、非正規雇用となるアルバイトやパートの人達です。

アルバイトやパートの人がキャッシングの審査に通り難い一つの大きな理由が、安定した収入を約束出来ないという点。特に短期のスポットで入るケースが多く、月々の収入が安定し難い派遣アルバイトやパートの人は審査に通らないケースも十分あり得るのです。

ただ1回、1ヶ月以内の返済であれば無利息となる消費者金融であれば、借入額を抑えれば上記の様なアルバイトやパートの人でも審査に通り易くなる事は確かであり、少なくともキャッシングやカードローンの情報サイトにてアルバイト・パートOKを謳った大手消費者金融が見付かれば、積極的に申し込んだ方が良いでしょう。

もちろん申し込む本人の努力が審査に有利に働く事も確か。すぐに安定した収入が得られる雇用形態である正社員になるのは無理としても、同じアルバイトやパートでも同じ派遣先や職場に安定して勤め、一定以上の給料を稼ぎ続けられる様になれば、その後も非常に高い確率でキャッシングの審査に通る事が出来るに違いありません。

もちろん安定して審査に通ったからといって無理な借入れ限度額を設定するべきではありません。あくまで消費者金融のCMの様に、借入れや返済は計画的に行うべきです。

アルバイトでもキャッシングは可能?

キャッシングやカードローンの審査について、不安となる点として申込者の方の就業形態が挙げられます。中でも、特にアルバイトの方でもキャッシングを利用する事は可能なのかというものがあります。

結論から言えばキャッシングは可能なのですが、制限の掛かる部分としては、総量規制の対象となるキャッシング業者であれば年収の3分の1までが借入可能となる点でしょう。

アルバイトの方ですとやはり年収はあまり高くない事が予想されますので、必然的に借入限度額も低くなります。これによって、審査に通っても希望額に満たない事は考えられます。しかし、就業形態による審査への影響自体は法律上は制限がありません。つまり、キャッシングの利用自体は問題無く行えて、総量規制などの法律で制限される部分に該当していなければ、審査にも通ると考えられます。

ただ、事故歴などがあれば当然審査には非常に通りにくくなりますので、注意が必要です。要約しますと、就業形態がアルバイトであるかどうか以前に、まず総量規制による規制の対象となる状況でないか?事故歴がないか?などの基準で判断される事を理解しておくべきです。

もしも不安であれば、総量規制の対象外となる銀行カードローンへの申込をお勧めします。銀行カードローンは専業主婦の方などの無収入の方でも、限度額30万円迄であれば借入可能であるなど、より借入を行いやすい基準での審査が行われます。

こういった事を考慮して申込を行う事で、アルバイトの方でもキャッシングやカードローンが利用可能であると言えます。