月別アーカイブ: 2018年9月

アルバイトの人がキャッシングを利用するための条件

アルバイトで働く人がキャッシングを利用する場合、どの程度の年収が必要か気になる人も多いでしょう。基準は業者によって異なりますが、100万円以上ある方が審査には通りやすくなります。ただ、100万円以下でも同じ勤務先で長く働いている、他社借入がなく信用情報にも問題がないという場合は審査に通る可能性があります。

信用情報に関しては、キャッシングの利用経験がなければ問題が発生することもないと考える人もいるでしょう。しかし、携帯電話の割賦の支払状況や奨学金の返済情報など、意外な情報が記載されていることもあります。

そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に影響を与える支払いの遅れや返済の遅れがないかを見直しておく方が良いでしょう。

自動契約機で簡単スピーディーに

キャッシングの流れについて、私が経験したことを中心にまとめたいと思います。キャッシングを行う際は、基本的に自動契約機だと思います。中に人がいるのではなく、タッチパネルや電話などで契約を勧めていきます。身分証の提示もコピー機のような感覚でできます。電話も顔を合わせることはないので、あまり緊張せずに行えるかと思います。

機械音痴の人は少し戸惑うこともあると思いますが、何かあれば電話がかかってきて丁寧に教えてくれます。時間としては、本当に早くてあっという間です。数十分で簡単に済みます。そしてお金はその日のうちに借りることができます。お金がすぐに必要な人は助かりますね。簡単に借りることが出来るので、返済までの利用を計画的に考えて試してみてもいいかと思います。

アルバイトやパートで働いている人がキャッシングに申し込む場合に気を付けたいこと

消費者金融のキャッシングは、本人に定期的な収入があれば申し込めます。収入の金額に規定はないので、パートやアルバイトなど、フルタイムでは働いていない人でも申し込み可能です。

アルバイトやパートの人がキャッシングに申し込んだ場合、重視されるのは、同じ勤務先でどれくらい働いているかという点です。長ければ長いほど、安定した収入があり返済能力があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。最低でも半年以上の勤務期間はほしいところです。

また、キャッシングの利用限度額は収入も考慮されて決まります。特に初めてのキャッシング申し込みでは、フルタイムで働いている人でも、50万円以上の融資は難しくなります。アルバイトやパートで働いている場合は、あまりにも高額の借り入れを申し込むのは止めた方がよいでしょう。