月別アーカイブ: 2017年9月

即日融資を即日で返済すると利息はかかるのか?

キャッシングには利息が付きものです。

キャッシングを行なっている金融機関は利息によって利益を得ているため当然とも言えますが、即日融資したお金を即日で返済した場合でも利息は付くのでしょうか。

キャッシングは借りた瞬間から利息が付くようにも思えますが、実はキャッシングをしたお金は原則としてキャッシングの翌日から利息が発生するため、その日のうちに返済することができれば利息がかかることはありません。

借りたお金をその日のうちに返済するというケースは少ないかもしれませんが、即日返済をすることで理論上は無利息でキャッシングをすることが可能になるというわけです。

そのほかにも消費者金融などではキャッシングに無利息期間を設けている会社もあるため、そちらを利用することで利息をかけずにキャッシングを行なうことも可能です。

ただし利息はかからないとはいっても返済時にATMなどを利用した場合には手数料が発生する場合があるので注意しましょう。

即日返済は難しいにしても、キャッシングでは借りている期間が長いほど利息がかさんでいくことになります。

少しでも返済額を抑えたいという方は、なるべく短期間で返済を終わらせてしまうことが余計な出費を減らすためのコツと言えます。

キャッシングやカードローンは無利息で出来る?

カードローンやキャッシングは借金なのに無利息なんてありえるの?とお思いになると思いますが、カードローンで無利息にすることは可能です!

正確には申し込み側が主体的に無利息にして下さい!ということは出来ませんが、カードローン会社が無利息キャンペーンをやっている場合があります。

定番なのは新規借り入れ時に、「30日間は無利息」というものがあります。これは文字通り、初めの一ヶ月は利息はかかりません。一ヶ月目の利息がかからないだけで、二ヶ月目には二ヶ月目の利息がかかるんでしょ?と思うかもしれませんが、大概の会社が、二ヶ月目時点で一ヶ月目の利息がスタートするのです。そのため、本当に一ヶ月間は、ただ自分が借りたそのお金だけが、返済必要な金額となるのです。

もちろんこれは新規借り入れ時のみ、という条件がほとんどではあるのですが、急いでキャッシングの申し込みをしたい、お金を借りたい、でも利息が怖い・・・という人にはぴったりの申し込み条件です。例えばその他にも条件があることはありますが、それは契約時に聞けば丁寧に教えて貰えるので大丈夫です。

ただし、ずっと無利息!なんてことはありえないので、いつまで、幾らが無利息の対象なのか、ということをきちんと確認して契約に臨みましょう。

学生がキャッシングを利用するこは可能

消費者金融や銀行カードローンは年齢が20歳以上で本人に安定収入があれば利用できますので、ほとんどのサービスで学生でもお金を借りることができます。

学生がキャッシングを利用するときに注意したいのは、申込みをする本人に安定収入があるかどうかです。

たとえば、親の仕送りで生活をしていてアルバイトをしていなければ、キャッシングを利用することはできません。

また、アルバイトをして仕送りももらっているという状況でも、収入の金額を申告するときはアルバイトのみの金額で審査を受けることになります。

そのため、派遣会社に登録して1週間や1ヶ月だけ働くようなアルバイトではキャッシングでお金を借りることはできませんので気をつけましょう。

長期のアルバイトで半年以上働いていて、毎月10万円以上もらっていればキャッシングを利用できる可能性が十分あります。

学生がキャッシングをするときに親の同意がいるかどうかということですが、基本的に親の同意はいりません。

本人が20歳を超えていて本人に収入があるならば特に親に連絡を取らないといけないということはありません。

長期のアルバイトをしていて安定収入があれば学生でもキャッシングを利用できますので、学業の助けとして活用できます。

キャッシングは学生でも出来る?

世間では一般的に学生という立場ではキャッシングをすることができない、もしくは審査が厳しいのでほとんど無理であるという見解が多いですが、きちんとした情報に基づいて判断をすることができるのならば学生という立場でもキャッシングをすることができます。
一般的なこととしてキャッシング会社も、借りた人がきちんと返済できると思える人にはお金を融資したいと考えています。
それでアルバイトでもきちんと定期的収入がある人であればキャッシングを出来ると考えてよいでしょう。
しかし安定した収入があるだけでなく、家賃や携帯電話の通信料、電気代、水道代、ガス代などがきちんと遅れることなく支払われていることも一つの審査対象になります。
なぜならそれによって、その融資を受ける人が、融資を受けたときに返済について真剣に考える人かどうかを判断することが出来るからです。
そのようなことを踏まえて学生の方はキャッシングの申し込みをしましょう。

キャッシングの返済で注意したい2点

消費者金融でお金を借りた後に返済期日までにしっかり返済していかなければいけません。
返済期日までに返済していかないとどんどん滞納してしまい次第に返済が困難な状況になってしまう事もあります。
それにより金融事故に繋がってしまう可能性もあるので返済する時に注意したい点をしっかり把握しておく必要があります。
そこでキャッシングの返済で注意したい点を確認していきましょう。

・利息の総額を把握する

消費者金融でお金を借りると金利が発生するので利息が加算されていきます。高金利で設定されているので加算される利息も多くなり返済する時にも影響が出てきてしまいます。それで返済する時は借り入れした金額だけでなく利息の総額も把握しておく事が大切になってきます。

・返済期間をしっかり決めておく

消費者金融は借りたお金を返済する時に人によってペースが異なりますが、事前に返済期間を決めておかないと再び借り過ぎてしまったりしてしまいます。それで借入総額が増えてしまい返済が大変になってしまうので返済期間をしっかり決めておく事も大切になってきます。

キャッシングの返済で注意したい点はこのようにあるので実際に消費者金融に申し込みをする前にしっかり頭に入れてきましょう。

無利息のカードローンを利用するメリットとは

キャッシングやカードローンを利用する事で、お金が必要な人はお金を借りる事が出来ます。融資されたお金の返済は、利息が発生しますので、返済時には利息と元金を合算した金額を返済する事になります。分割で返済する場合、月々利息が発生します。返済の負担を軽くするには、返済時に発生する利息をどれだけ少なく出来るかが重要になってきます。

新生銀行のカードローンサービス「レイク」などのように、初回利用を条件に一定期間利息を無料にしてくれる金融機関や金融会社が出てきています。このサービスは、初めて融資サービスを使う人に限定されますが、最大30日間利息が無料となっています。無料期間を過ぎて返済したり、対象となっている金額を超えて融資を受けた場合には、その超過した分だけ利息が発生しますので注意が必要ですが、この仕組みを活用すれば、返済時の返済額を最小限に抑える事は十分に可能です。

無利息のカードローンやキャッシングを提供している金融機関や金融会社の数は、それほど多くありませんので、無利息を目的に申込みが出来る融資サービスを全て申し込んでも良いでしょう。審査は通常のカードローンやキャッシングと同じですので、審査を通過すれば、この無利息サービスを利用出来るようになります。

楽天銀行に口座を持っていたらアコムにしよう

消費者金融の申込み先を選ぶ際には、金利を始めとした多くの検討項目を比較して決める必要があります。消費者金融は、貸金業法で決められた総量規制の影響を受けるので、利用限度額の上限は、総量規制に抵触しない程度の範囲に制限されます。多額の利用限度額設定がされない以上は、利息制限法で定められた上限金利も10万円以上100万円未満の年18%という利率が適用されることが多いでしょう。

アコムも同様に18%近い金利で融資が行われていますが、少なくとも楽天銀行に口座を持っていたら、選択肢に入れても良いです。

なぜなら、アコムで専用ローンカードを発行していれば、ATMやCD機から借入れが可能ですが、ATM利用手数料だけでも回数が増えれば勿体無い金額になるからです。アコムの専用サイト経由で振込融資を楽天銀行口座に依頼すれば、手数料無料で融資を24時間いつでも数分で行なってもらえて便利です。

スマートフォンを持っていれば、手続きを行なってから楽天銀行口座経由で引き出せば、周囲にはカードローンを利用したとは分からないでしょう。また、公共料金の自動引き落としを設定していて、残高不足になりそうと分かった段階で、すぐに振込融資依頼をおこなえば、自動引き落としに間に合わせることも可能です。