月別アーカイブ: 2016年9月

銀行カードローン、契約期間内に完済しないといけないのか?

銀行カードローンに契約期間があるのはご存知でしょうか?銀行とは残高リボリビンク払い方式で契約をして、余裕を持った返済をして欲しいとホームページに書かれていますが、永遠に続く契約なんてものは存在しません。

銀行カードローンの特徴は月々の支払額が殆ど金利分しか払わなくて良いくらい少ない事が挙げられますが、大半の銀行カードローンの契約期間は1年間(偶に5年間)といった区切りがあります。銀行カードローンの解説をする人の中には、自動延長されるので実質契約期間は永遠という間違った説明をしている人が多くいますが、基本的に契約は延長ありきではありません。

例えば、債務を延滞したら契約が延長されないのはもちろんの事、他社での金融事故や他社からの借入を増やした、新たな消費者金融から借入を行ったなどの理由で銀行か保証会社の何方かが契約延長しない可能性は充分にあります。契約が切れた場合は当然、全ての債務を完済、難しいなら保証会社からの代位弁済で解消となります。

銀行カードローンは大きな限度額を借りる事が出来て確かに便利な側面があります。しかし、契約期間は1年間とはっきりと決められていますから、契約延長ありきでは無く、1年間で債務の大半は返済できる様な計画を持っておきましょう。