月別アーカイブ: 2015年4月

キャッシングの本人確認について

キャッシングの際には必ず本人確認をされます。これは当然の事なのですが、貸す方は本当に身分証通りの人なのか申告してきた通りの人なのかという確認をしないことには安心してお金を貸すことはできないからです。

なので本人確認を必ずされるのですが大体は確認する項目が決まっています。

主には住所、名前、生年月日等その人本人の情報とその人が住んでいる家の情報や会社員であるならば勤務している会社の情報について確認されます。

借りるほうは特に本人確認をされて困ることはないと思うのですが、しいてあげるなら在籍確認はできることならばして欲しくないという方がほとんどだと思います。その理由として、可能性は低いにしろ会社にキャッシングのことがばれる可能性があるからです。

ですが消費者金融や銀行からすると確認しないわけにはいきません。ただ確認するといっても借りようとしている人の情報を会社に言うわけではありません。

ただ会社に電話をして借りようとしている人の名前を告げ今話をすることができますか?というような言い方をします。電話先の人が今席をはずしていますなど、その会社には在籍しているが今は出れないと言うような内容のことを言えば在籍確認は終わりです。

消費者金融や銀行は電話の際、会社名ではなく個人名を名乗るので勤務先に消費者金融や銀行から電話が来たと判断される心配はありません。このような感じで本人確認はしっかりとされるのであらかじめ想定しておいた方が良いです。