月別アーカイブ: 2014年6月

キャッシングの申込みは自動契約機からがおすすめです。

キャッシングで気になるのが申し込みをしてから融資までにかかる時間だと思います。

お金を借りたいというときは少しでも早く融資してほしいと思うものです。

最近は即日融資のキャッシング会社がほとんどですが申し込み方法によっては時間が遅かったりすると翌日融資になってしまうときがあります。

特にネットは24時間申し込みができて便利なのですが時間帯によっては当日の融資が不可能になる場合があります。

なのでネットからキャッシングの申し込みをするときはなるべく早い時間帯に申し込みをした方がよいです。

特に借り入れを振り込みで行う場合は審査時間だけでなく銀行の営業時間も考慮する必要があります。

どうしてもその日のうちに現金を手にしたいというときはネットからではなく自動契約を使って申し込みをした方が確実です。

確かにネットからだと人目を気にする必要もなく手間もかからずに便利なのですが実際にお金を手にするまで時間がかかるという欠点もあります。

その点自動契約機からの申し込みだと審査に通過すればその場でカードが発行されます。

発行されたカードはもちろんすぐに使用可能です。

自動契約機にあるATMはもちろんですがコンビニATMでも使用できるので借り入れだけでなく返済でも便利に使えます。

なので手間や人目が気にならないという人は自動契約機からの申し込みがおすすめです。

大手消費者金融の自動契約機はコチラから検索できます⇒ http://cashinglabo.info/guide/

こっそり借りれるキャッシング

キャッシングの借入れ審査には在籍確認は必須になっている業者がほとんどです。

審査の基本は返済能力があるかどうかを見極めることにあるので、当然かもしれません。

でも、利用する側からすると会社に確認の電話が入るのって嫌な人も多いのが現状です。

たとえば従業員あてに外線電話がほとんどかかってくることはない職場やコンプライアンス的にうるさい会社で従業員への取り付きがダメな会社なんかの場合です。

こういうときの在籍確認を電話連絡なしで可能にしているのがモビットです。

具体的には社会保険証や組合保険証と給与明細をセットにすることで電話確認の代替えとしています。
電話確認があるのはちょっとなぁと敬遠していた人もこれなら借入れを検討してみてもいいのではないでしょうか。

実は返済になっていなかった無駄な返済

キャッシングを初めて考えたのはまだ社会人としても浅い、二十代前半の頃です。

付き合いで飲みに行くことが多くなり、お給料はあっという間になくなりました。

実家住まいだったのでそれでも生活には困りませんでしたが、飲みに行くお金ももちろん厳しくなります。

でもなんとなく「お金がないから」と断るのも言い出しづらく、情けないですが、親にちょっと出してもらってでも飲みに行きました。

しかし「社会人になってまで親に小遣いねだるな」と父に言われ、それも出来なくなったんです。

そこで手を出したのがキャッシング専用カードというやつでした。

いわゆる消費者金融にあたるのでしょうか。

テレビCMでよく見る大手に申込み、10万円の枠でカードを作ってしまったんです。

たまたま飲み会の重なる時期で、どうにも足りなかったためでした。

何ヶ月かしたらボーナスが入るし、それで返せるからと一気に限度額一杯の10万円までキャッシングして、それもあっという間に使ってしまいました。

そして迎えた1回目の返済日。

金額は1万円だったのですが、急に不安になったんです。

1万円も払ってしまって、今月足りるかな、と。

それでカード会社に相談すると、とりあえず利息分だけ払えば延滞にはならないと言われたんです。

金額にして数千円。

それで済むのか、と安心して翌月まで過ごしました。

そして翌月も利息分のみ。

いずれまとめて返済するからと利息分のみの支払いを続けて1年。

もう何万円も払ってるのに元本が一切減っていないことにふと気付いたんです。

もの凄く無駄なことをしていないか、と。

そこからは地道に毎月きちんと返済するようになりました。

時間はかかりましたが少しずつ元本は減って行き、ついに完済の日を迎えました。

そしてカードにハサミを入れて解約、となれば爽やかな終わり方なのですが、実は未だに契約状態でカードは保有しています。

あくまでも万が一のときの備えとして。

キャッシングは借金と同じ。

本当は解約するべきなのかもしれません。

でも、賢く使えば困ったときの助けにもなると思うのです。

いずれまた使う時が来るのかは分かりませんが、前のようなダラダラとした使い方にはならないよう、気をつけようと思っています。

主婦はキャッシングを利用できるか

主婦はキャッシングを利用できないと思っている人が多いですが、本当にそうなのでしょうか。

実際は、主婦でもキャッシングを利用する事が可能です。

一般のローンではなく、女性向けのローンを利用すると、審査をパスする事が出来ます。

なぜなら、女性向けのローンは、パートやアルバイトで一定の収入があれば融資が可能だからです。

主婦のほとんどの人がパートをしているので、審査を通過できます。

女性向けローンは、ほとんどのキャッシング店に存在するので、特定の店舗を探す必要はありません。

スタッフのほとんどが女性なので、親身になって相談に乗ってくれるのも特徴です。

女性ならではの金銭的な悩みに共感できるのは、女性しか出来ない事だからです。

一般のローンに比べて金利も低いので、無理なく返済をする事が出来ます。

家族や職場に知られてしまうのではないか、と考える人も多いです。

しかし、その心配は必要ありません。

職場に電話をかける時もキャッシング店の名前は出しませんし、家に電話をかける事はありません。

そのため、誰にも知られる事無く、お金を借りる事が出来ます。

主婦であってもキャッシングは利用可能なので、いざという時に味方になってくれます。

キャッシングを比較するポイント

キャッシングは今では昔のようにダークなイメージはなく明るいコマーシャルなどの宣伝もあってずいぶんとクリーンなイメージとなりました。

しかしお金を借りることには変わりありません。少しでも有利に利用できるようにしっかりと下調べをしておく必要があります。

■低金利であること

まずは何といっても第一に少しでも低金利であることです。ネットなどで各消費者金融会社の金利が一目で確認できるサイトがあるので

自分が利用したい消費者金融会社の金利は他と比べてどうなのか必ず確認しておきましょう。

■最高金利で比較する

よく消費者金融会社のサイトでは金利が最低○○%~最高○○%というような表示がされていますよね。

まずほとんどの方が最高金利が適用されるということを覚えておきましょう。

最低金利は利用限度額の上限いっぱいまで借り入れをしないと適用されることはまずありません。

■サービス内容で比較

各消費者金融ともに、さまざまなサービスを設けています。その中でも自分に一番有利に利用できるサービスを実施している会社を選びましょう。

初めてキャッシングを利用する方ならば、一定の期間、無利息で借りることができるサービスが大変おトクとなります。

この他にも各消費者金融によって借り入れ、返済方法などが違いますので実際にシュミレーションをして

自分にどの消費者金融が一番合うのか比較をし、しっかりと下調べをしてからキャッシングは利用しましょう。