カテゴリー別アーカイブ: 返済について

延滞には要注意!キャッシングにおける返済とは

初めてお金を借りる際は精一杯努力するものですが、いざ返済の時になると結構いい加減にしてしまうというのがキャッシングをする人に多い傾向です。しかし、キャッシングにおける返済には早く返すための方法というものを理解しているだけで、金利、利息をかなり節約することができるのです。

毎月の返済でほんのわずかな金額でもよいので、少しだけでも多く返済することにより、最終的には数万~数十万円という利息を節約することができる、ということをこれから返済を行っていくという方に是非とも知ってもらいたいのです。

キャッシングにおいて利息総額や返済の期間を算出するために必要とされるものは、「借入金額(残高)」「金利(年率)」「毎月の返済予定額」です。これらの情報を用いてキャッシング業者のホームページなどで返済額のシュミレーションが可能となっていますので、あわてないでいいように事前に返済のシュミレーションを行っておきましょう。

また、初めての方で「借金をはやく返済したい」「利息に困っている」という方はできる限り「繰り上げ返済」するようにしましょう。

キャッシングには最小返済額、つまりは「最低限これだけは返済しなければなりませんよ」という決まった金額があるのです。毎月行われる返済では、最小返済額以上のお金を返済していくことになるのです。つまり「最小返済額よりも大きい金額で返済を行うこと」を「繰り上げ返済」というのです。

繰り上げ返済を毎月行っていくことで、借り入れた元金は早く減っていき、返済する期間も段々と短くなっていき、利息の総額もきっちりと抑えることが可能となっています。毎月数百円~数千円程度でもかなり利息を落とすことができるので、返済時にはできるだけ繰り上げ返済を意識して多めに返済するとよいでしょう。

また繰り上げ返済は、早く返済すればするほどその利息節約効果が大きくなっていきます。まとまった金額を返済するといった場合は、できる限り早いタイミングで返せるようにしておきましょう。

キャッシングの借り換えのタイミングは金利で判断する

すでにキャッシングを利用していて、他のキャッシングに借り換えるかどうかを考えるのは金利が低く借りることができる金融機関を見つけたときでしょう。借り換えには金利が低い金融機関の審査に通る必要がありますが、高い金利の金融機関に長く返済を続けていればいるほど利息はかさむことになりますから、借り換えのタイミングが訪れたと判断すれば早く行動するほうがメリットが大きくなります。

住宅ローンなどのローン商品では残債の一括返済には少なくない手数料がかかることが多いので、手数料と利息額の減額分を正確に計算しなければならないのですが、一般的な無担保キャッシングの残債の一括返済では手数料がかからないと考えられますから、金利が低くなった分はメリットしかないのです。

せっかく利用している金融機関で借りて、順調に返済を続けているのだから、借り換えするのは面倒だ、などを考えていては自分が損をするだけです。無担保キャッシングが一括返済に手数料がいらないのはもともと金利が高いからです。少しでも金利が低い金融機関を見つけたならば遠慮なく借り換えを早めにすべきです。どの金融機関から借りても自分に有利になるように考えるべきだからです。

銀行カードローン、契約期間内に完済しないといけないのか?

銀行カードローンに契約期間があるのはご存知でしょうか?銀行とは残高リボリビンク払い方式で契約をして、余裕を持った返済をして欲しいとホームページに書かれていますが、永遠に続く契約なんてものは存在しません。

銀行カードローンの特徴は月々の支払額が殆ど金利分しか払わなくて良いくらい少ない事が挙げられますが、大半の銀行カードローンの契約期間は1年間(偶に5年間)といった区切りがあります。銀行カードローンの解説をする人の中には、自動延長されるので実質契約期間は永遠という間違った説明をしている人が多くいますが、基本的に契約は延長ありきではありません。

例えば、債務を延滞したら契約が延長されないのはもちろんの事、他社での金融事故や他社からの借入を増やした、新たな消費者金融から借入を行ったなどの理由で銀行か保証会社の何方かが契約延長しない可能性は充分にあります。契約が切れた場合は当然、全ての債務を完済、難しいなら保証会社からの代位弁済で解消となります。

銀行カードローンは大きな限度額を借りる事が出来て確かに便利な側面があります。しかし、契約期間は1年間とはっきりと決められていますから、契約延長ありきでは無く、1年間で債務の大半は返済できる様な計画を持っておきましょう。

おまとめローンを完済してわかったこと

おまとめローンを完済して、初めてわかったことがあります。

毎月の返済額の負担が軽くなったことは事実ですが、決して返済総額が少なくなってはいなかったということです。

2社から60万円ずつ借りていた債務を、某社のおまとめローンで完済をしてから、新たな借金生活が始まりました。

そのときは毎月の返済日がまとめられて、さらには利率が低くなったので元金が減ったのだと錯覚していたようです。

嬉しい気持ちのまま毎月の返済を行って、先日にはようやく完済できました。それまでの返済明細を確認ながら総返済額を計算してみると、衝撃の事実が明らかになります。

おまとめローンを利用する前よりも、返済総額が30万円多かったのです。借金をまとめてからは、返済期間が伸びたことは把握していました。

まさか、それがこのような結果に繋がるなどとは思っていなかったというのが正直な感想です。

シミュレーション不足だった私の責任ですが、毎月の負担が軽くなったことには変わりありませんでしたので、気持ちの上では損をしたとは思っていません。

実は返済になっていなかった無駄な返済

キャッシングを初めて考えたのはまだ社会人としても浅い、二十代前半の頃です。

付き合いで飲みに行くことが多くなり、お給料はあっという間になくなりました。

実家住まいだったのでそれでも生活には困りませんでしたが、飲みに行くお金ももちろん厳しくなります。

でもなんとなく「お金がないから」と断るのも言い出しづらく、情けないですが、親にちょっと出してもらってでも飲みに行きました。

しかし「社会人になってまで親に小遣いねだるな」と父に言われ、それも出来なくなったんです。

そこで手を出したのがキャッシング専用カードというやつでした。

いわゆる消費者金融にあたるのでしょうか。

テレビCMでよく見る大手に申込み、10万円の枠でカードを作ってしまったんです。

たまたま飲み会の重なる時期で、どうにも足りなかったためでした。

何ヶ月かしたらボーナスが入るし、それで返せるからと一気に限度額一杯の10万円までキャッシングして、それもあっという間に使ってしまいました。

そして迎えた1回目の返済日。

金額は1万円だったのですが、急に不安になったんです。

1万円も払ってしまって、今月足りるかな、と。

それでカード会社に相談すると、とりあえず利息分だけ払えば延滞にはならないと言われたんです。

金額にして数千円。

それで済むのか、と安心して翌月まで過ごしました。

そして翌月も利息分のみ。

いずれまとめて返済するからと利息分のみの支払いを続けて1年。

もう何万円も払ってるのに元本が一切減っていないことにふと気付いたんです。

もの凄く無駄なことをしていないか、と。

そこからは地道に毎月きちんと返済するようになりました。

時間はかかりましたが少しずつ元本は減って行き、ついに完済の日を迎えました。

そしてカードにハサミを入れて解約、となれば爽やかな終わり方なのですが、実は未だに契約状態でカードは保有しています。

あくまでも万が一のときの備えとして。

キャッシングは借金と同じ。

本当は解約するべきなのかもしれません。

でも、賢く使えば困ったときの助けにもなると思うのです。

いずれまた使う時が来るのかは分かりませんが、前のようなダラダラとした使い方にはならないよう、気をつけようと思っています。