カテゴリー別アーカイブ: 審査について

キャッシング審査は外国人でもOKでした

アメリカから日本にやってきた知人がいます。彼はキャッシングの審査を受けていましたが、無事通っていましたよ。外国人は不利になるのかなと思っていたのですが、最近は日本も外国人だらけですしそれだけで区別されたりはしないのですね。ちなみに、彼はちゃんと日本で働いていて安定した収入があります。今回は、親御さんが倒れて一時的にアメリカに戻らなければならなくなったり、そもそも冠婚葬祭などで貯金がかなり減ってしまっていた時だそうです。

もちろん大きな金額は借りられなかったみたいですが、それでも助かりますよね。遠い外国で困った時にお金が借りられたというのは、大きな成功体験になると思います。今後ますます外国人が増えるでしょうから、より借りやすくなると良いですね。

与信こそはキャッシング審査の核心

キャッシング会社もビジネスとして融資を行っています。申し込んできた人の全員に融資するわけではなくて、信用できる人だけに融資を行います。なぜなら、もし信用できない人に融資したら返済してもらえない危険があるからです。キャッシングとは、信用に応じた金額のお金を融資するのです。

たとえば大きく信用できる人には高額の融資を行いますし、小さい信用しかできない人には少しだけ融資します。そして全く信用できない人には融資はしません。それは、つまり審査落ちということです。

キャッシングに申し込むと、会社は申し込んできた人をどのくらい信用できるのかを審査して、その信用の大きさを融資金額に換算するのです。それを与信と言います。この与信こそは、キャッシング審査の核心と言えるでしょう。

リラックスして待つだけ!キャッシングの審査

ネットワークサービスの台頭に伴い、キャッシングサービスへの期待感が大きく増しています。多くの金融機関がキャッシングサービスに注力していることも容易に確認することができます。そんな中、多くの人の関心事になっているのが、キャッシングの審査ではないでしょうか。

「審査」というと堅苦しく感じられるかもしれませんが、決してその内容は難しいものではありません。基本的には、申し込み者の申告をもとに行うことになります。申し込みをした金融機関では、信用情報機関の借入情報を照会するなどして審査を速やかに行います。

むろん、キャッシングの申し込みを行うにあたっての費用がかかることはありません。万一、否決になっても何も気にすることはありません。

学生でもキャッシングは利用できる?

キャッシング、というと定職に就いた社会人が利用するもの、という印象があり、学生の方には敷居が高そうなイメージもあるかと思います。
さて、学生の方でも利用できるキャッシングというのはあるのでしょうか。

率直に言いますと、キャッシングの審査基準は「20歳以上である」「安定した収入がある」の2点のため、この2点を満たせば、学生の方でもキャッシングの審査を通過することはできます。
年齢に関しては厳格な規定があり、未成年の方は残念ながら利用できません。年齢を満たしており、アルバイトなどをして自ら収入を得ている方であれば、上記の2点を満たせる為利用可能です。
また、両親から一定額以上の仕送りを貰っているなど、本人の所得以外にも返済に使える財源があると判断できる場合は、これも加味して審査される場合があります。

また、学生なので保護者の同意が必要なのでは? という不安がある方もあるかと思いますが、成人であれば保護者の承認は不要の場合がほとんどです。
この財源の判断、保護者の同意の要否などの基準はキャッシング会社によって変わってくるので、確認してみてください。
もちろん契約だけでなく、利用方法・返済方法などもきちんと確認して、計画的・有効的なキャッシング活用をしていきましょうね。

利用中に収入証明の提出が求められた!提出しないとどうなる?

申し込み時には収入証明が不要であっても、キャッシング契約期間中に提出を求められることがあります。

では、提出を忘れた、提出に応じないという場合にはどうなるかというと、利用限度額の減額や利用停止といった対応の可能性があります。

これは、貸金業法に定められる総量規制に基づくものであり、他社借入額との合計だけでなく、収入減少により総量規制の上限金額を超えないかのチェックにもなります。

超えている場合は即時利用停止、超えそうな場合は利用限度額の減額といったことになります。

しかし、貸金業法だけが関係するものではなく、取引基本契約書の記載事項に違反する行為にもなります。

取引規約においては、契約者は求められた際には必要な書類を提出する義務を負うことが明記されていることが多く、提出しないという行為自体が契約違反に該当してしまい、利用利用資格を失うことになります。

先ずは、法律だけでなく、契約先との約束事項となっていることから、提出を求められた際は速やかに提出するのが重要です。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなる2つのポイント

プロミスは利用条件の中に雇用形態は記載されていないので正社員だけでなくアルバイトも利用する事が可能です。しかし返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまうのでお金を借りる事が出来ません。そこでアルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントを挙げていく事にしましょう。

・月に10万円以上稼いでおく

プロミスは安定した収入を得ている人という利用条件があるのでアルバイトでも月に10万円以上稼いでいる人は審査が通りやすくなります。アルバイトがプロミスを利用する時は週に5日ペースで働いて月に10万円以上の収入を得るようにしておくといいでしょう。

・勤続期間を長くしておく

アルバイトは一つの職場で長い期間働いている人もいればいろいろな職場を転々として働いてる人までさまざまです。そこでアルバイトがプロミスを利用する時は一つの職場で長い期間働いている人の方が審査が通りやすくなります。プロミスの審査では勤続年数が長いほど信用度が高まって審査が有利になります。アルバイトがプロミスでお金を借りたい時は職場の勤続期間を長くしておくといいでしょう。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントはこのようにあるのでしっかり覚えておくといいでしょう。

審査回答は遅い方が審査に通る可能性が高い理由とは?

現在のカードローンの審査は、主に個人の属性に関するものと信用情報に関するものがあります。

これを審査の担当者が手弁当で調べるのではなく、申し込み時に記入された条項をコンピュータが自動的に計算し、合計基準をクリアーされた方のみ審査を通過するシステムが導入されています。

コンピュータが計算するから、最多20分という審査スピードを実現できるのです。

ただし収入が低かったり、他社からの借り入れが多めの方は、貸すか貸さないのか判断するのに時間がかかります。

ここで初めて審査担当者が自己の考えで判断する場面となるのです。

ですから審査が長引けば、かえって審査に通る可能性があることになります。

すぐにダメと判断されたら、申し込みから数分でお断りのメールが届くからです。

消費者金融で職場への在籍確認の電話を省略できる?

カードローンを契約する時、ほぼ職場への在籍確認の電話連絡が行われます。

即日融資を希望される方の職場が万が一お休みの場合は、原則即日融資は受けられません。

これではあてにしていた融資が受けられないので、大変困った状況に追い込まれます。

このような事態を回避するには、コールセンターに電話して在籍確認を翌日に回してもらえるようにお願いすればいいのです。

消費者金融なら認められるケースも多く、申込者の審査内容が全く問題無ければ認められるかもしれません。

また社員証や給与明細を提出することにより、在籍確認の電話連絡を省略してもらえるケースもあります。

これらは必ず認められるわけではありませんが、とりあえずコールセンターに電話してみましょう。

キャッシングは学生でも出来る?

世間では一般的に学生という立場ではキャッシングをすることができない、もしくは審査が厳しいのでほとんど無理であるという見解が多いですが、きちんとした情報に基づいて判断をすることができるのならば学生という立場でもキャッシングをすることができます。
一般的なこととしてキャッシング会社も、借りた人がきちんと返済できると思える人にはお金を融資したいと考えています。
それでアルバイトでもきちんと定期的収入がある人であればキャッシングを出来ると考えてよいでしょう。
しかし安定した収入があるだけでなく、家賃や携帯電話の通信料、電気代、水道代、ガス代などがきちんと遅れることなく支払われていることも一つの審査対象になります。
なぜならそれによって、その融資を受ける人が、融資を受けたときに返済について真剣に考える人かどうかを判断することが出来るからです。
そのようなことを踏まえて学生の方はキャッシングの申し込みをしましょう。

利用限度額の増額申し込みは成功するとは限らない

カードローンへ申し込みを行った直後に設定される利用限度額は、過去に取引を行ったことが無い金融グループの場合ほど様子見のために少額の利用限度額が設定されがちです。最初から100万円を超える利用限度額が設定されるのは、公務員や上場企業の社員に限られてしまうでしょう。消費者金融と銀行カードローンでは、審査内容は非公開となっていますが、個人信用情報機関への照会結果から判断可能な利用限度額よりも最初は少な目に設定することは珍しくありません。

借入と返済が利用限度額の範囲内で自由に行えるカードローンでは、慎重に利用していないと利用可能額を使い切ってしまうことがあります。利用限度額の増額申し込みが約款上は可能となっていることが多いので、銀行や消費者金融のコールセンターへ連絡して、増枠依頼をかけることが可能です。

しかし、増額申し込みを利用者側から行った場合には、お金に忙しい人という認識を貸金業者から見られてしまうリスクを抱えています。消費者金融ならば、総量規制にかかるほどの借入残高があれば、増額申し込みの有無に関わらず、年収の1/3に借入残高が到達した時点で借入はストップします。銀行カードローンでは、新しい増額申請額での再審査が行われるので、結果的に利用限度額が状況次第で減額されてしまう可能性もあると知っておかなければなりません。