審査について」カテゴリーアーカイブ

安定した収入を得ていて他社からの借入件数が3件以下でも消費者金融の審査に落ちるのはなぜ?

消費者金融の審査では安定した収入を得ていて他社からの借入件数が3件以下であれば可決される事が多いです。しかしこの条件を満たしていても審査に落ちてしまう事があるので注意が必要です。そこで安定した収入を得ていて他社からの借入件数が3件以下でも審査に落ちる理由を挙げていきましょう。

消費者金融は信用性を重視するので審査の時に信用情報を確認します。それで信用情報で過去にクレジットカードの滞納などの金融取引のトラブルがあったりすると審査に落ちてしまいます。また審査の終盤で勤務先に電話をして在籍確認をします。この時に在籍確認が取れないと審査に落ちてしまいます。消費者金融に申し込みをする前にしっかり頭に入れておくようにしましょう。

キャッシング審査は外国人でもOKでした

アメリカから日本にやってきた知人がいます。彼はキャッシングの審査を受けていましたが、無事通っていましたよ。外国人は不利になるのかなと思っていたのですが、最近は日本も外国人だらけですしそれだけで区別されたりはしないのですね。ちなみに、彼はちゃんと日本で働いていて安定した収入があります。今回は、親御さんが倒れて一時的にアメリカに戻らなければならなくなったり、そもそも冠婚葬祭などで貯金がかなり減ってしまっていた時だそうです。

もちろん大きな金額は借りられなかったみたいですが、それでも助かりますよね。遠い外国で困った時にお金が借りられたというのは、大きな成功体験になると思います。今後ますます外国人が増えるでしょうから、より借りやすくなると良いですね。

与信こそはキャッシング審査の核心

キャッシング会社もビジネスとして融資を行っています。申し込んできた人の全員に融資するわけではなくて、信用できる人だけに融資を行います。なぜなら、もし信用できない人に融資したら返済してもらえない危険があるからです。キャッシングとは、信用に応じた金額のお金を融資するのです。

たとえば大きく信用できる人には高額の融資を行いますし、小さい信用しかできない人には少しだけ融資します。そして全く信用できない人には融資はしません。それは、つまり審査落ちということです。

キャッシングに申し込むと、会社は申し込んできた人をどのくらい信用できるのかを審査して、その信用の大きさを融資金額に換算するのです。それを与信と言います。この与信こそは、キャッシング審査の核心と言えるでしょう。

リラックスして待つだけ!キャッシングの審査

ネットワークサービスの台頭に伴い、キャッシングサービスへの期待感が大きく増しています。多くの金融機関がキャッシングサービスに注力していることも容易に確認することができます。そんな中、多くの人の関心事になっているのが、キャッシングの審査ではないでしょうか。

「審査」というと堅苦しく感じられるかもしれませんが、決してその内容は難しいものではありません。基本的には、申し込み者の申告をもとに行うことになります。申し込みをした金融機関では、信用情報機関の借入情報を照会するなどして審査を速やかに行います。

むろん、キャッシングの申し込みを行うにあたっての費用がかかることはありません。万一、否決になっても何も気にすることはありません。

学生でもキャッシングは利用できる?

キャッシング、というと定職に就いた社会人が利用するもの、という印象があり、学生の方には敷居が高そうなイメージもあるかと思います。
さて、学生の方でも利用できるキャッシングというのはあるのでしょうか。

率直に言いますと、キャッシングの審査基準は「20歳以上である」「安定した収入がある」の2点のため、この2点を満たせば、学生の方でもキャッシングの審査を通過することはできます。
年齢に関しては厳格な規定があり、未成年の方は残念ながら利用できません。年齢を満たしており、アルバイトなどをして自ら収入を得ている方であれば、上記の2点を満たせる為利用可能です。
また、両親から一定額以上の仕送りを貰っているなど、本人の所得以外にも返済に使える財源があると判断できる場合は、これも加味して審査される場合があります。

また、学生なので保護者の同意が必要なのでは? という不安がある方もあるかと思いますが、成人であれば保護者の承認は不要の場合がほとんどです。
この財源の判断、保護者の同意の要否などの基準はキャッシング会社によって変わってくるので、確認してみてください。
もちろん契約だけでなく、利用方法・返済方法などもきちんと確認して、計画的・有効的なキャッシング活用をしていきましょうね。

利用中に収入証明の提出が求められた!提出しないとどうなる?

申し込み時には収入証明が不要であっても、キャッシング契約期間中に提出を求められることがあります。

では、提出を忘れた、提出に応じないという場合にはどうなるかというと、利用限度額の減額や利用停止といった対応の可能性があります。

これは、貸金業法に定められる総量規制に基づくものであり、他社借入額との合計だけでなく、収入減少により総量規制の上限金額を超えないかのチェックにもなります。

超えている場合は即時利用停止、超えそうな場合は利用限度額の減額といったことになります。

しかし、貸金業法だけが関係するものではなく、取引基本契約書の記載事項に違反する行為にもなります。

取引規約においては、契約者は求められた際には必要な書類を提出する義務を負うことが明記されていることが多く、提出しないという行為自体が契約違反に該当してしまい、利用利用資格を失うことになります。

先ずは、法律だけでなく、契約先との約束事項となっていることから、提出を求められた際は速やかに提出するのが重要です。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなる2つのポイント

プロミスは利用条件の中に雇用形態は記載されていないので正社員だけでなくアルバイトも利用する事が可能です。しかし返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまうのでお金を借りる事が出来ません。そこでアルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントを挙げていく事にしましょう。

・月に10万円以上稼いでおく

プロミスは安定した収入を得ている人という利用条件があるのでアルバイトでも月に10万円以上稼いでいる人は審査が通りやすくなります。アルバイトがプロミスを利用する時は週に5日ペースで働いて月に10万円以上の収入を得るようにしておくといいでしょう。

・勤続期間を長くしておく

アルバイトは一つの職場で長い期間働いている人もいればいろいろな職場を転々として働いてる人までさまざまです。そこでアルバイトがプロミスを利用する時は一つの職場で長い期間働いている人の方が審査が通りやすくなります。プロミスの審査では勤続年数が長いほど信用度が高まって審査が有利になります。アルバイトがプロミスでお金を借りたい時は職場の勤続期間を長くしておくといいでしょう。

アルバイトでもプロミスの審査が通りやすくなるポイントはこのようにあるのでしっかり覚えておくといいでしょう。

審査回答は遅い方が審査に通る可能性が高い理由とは?

現在のカードローンの審査は、主に個人の属性に関するものと信用情報に関するものがあります。

これを審査の担当者が手弁当で調べるのではなく、申し込み時に記入された条項をコンピュータが自動的に計算し、合計基準をクリアーされた方のみ審査を通過するシステムが導入されています。

コンピュータが計算するから、最多20分という審査スピードを実現できるのです。

ただし収入が低かったり、他社からの借り入れが多めの方は、貸すか貸さないのか判断するのに時間がかかります。

ここで初めて審査担当者が自己の考えで判断する場面となるのです。

ですから審査が長引けば、かえって審査に通る可能性があることになります。

すぐにダメと判断されたら、申し込みから数分でお断りのメールが届くからです。

消費者金融で職場への在籍確認の電話を省略できる?

カードローンを契約する時、ほぼ職場への在籍確認の電話連絡が行われます。

即日融資を希望される方の職場が万が一お休みの場合は、原則即日融資は受けられません。

これではあてにしていた融資が受けられないので、大変困った状況に追い込まれます。

このような事態を回避するには、コールセンターに電話して在籍確認を翌日に回してもらえるようにお願いすればいいのです。

消費者金融なら認められるケースも多く、申込者の審査内容が全く問題無ければ認められるかもしれません。

また社員証や給与明細を提出することにより、在籍確認の電話連絡を省略してもらえるケースもあります。

これらは必ず認められるわけではありませんが、とりあえずコールセンターに電話してみましょう。

キャッシングは学生でも出来る?

世間では一般的に学生という立場ではキャッシングをすることができない、もしくは審査が厳しいのでほとんど無理であるという見解が多いですが、きちんとした情報に基づいて判断をすることができるのならば学生という立場でもキャッシングをすることができます。
一般的なこととしてキャッシング会社も、借りた人がきちんと返済できると思える人にはお金を融資したいと考えています。
それでアルバイトでもきちんと定期的収入がある人であればキャッシングを出来ると考えてよいでしょう。
しかし安定した収入があるだけでなく、家賃や携帯電話の通信料、電気代、水道代、ガス代などがきちんと遅れることなく支払われていることも一つの審査対象になります。
なぜならそれによって、その融資を受ける人が、融資を受けたときに返済について真剣に考える人かどうかを判断することが出来るからです。
そのようなことを踏まえて学生の方はキャッシングの申し込みをしましょう。

利用限度額の増額申し込みは成功するとは限らない

カードローンへ申し込みを行った直後に設定される利用限度額は、過去に取引を行ったことが無い金融グループの場合ほど様子見のために少額の利用限度額が設定されがちです。最初から100万円を超える利用限度額が設定されるのは、公務員や上場企業の社員に限られてしまうでしょう。消費者金融と銀行カードローンでは、審査内容は非公開となっていますが、個人信用情報機関への照会結果から判断可能な利用限度額よりも最初は少な目に設定することは珍しくありません。

借入と返済が利用限度額の範囲内で自由に行えるカードローンでは、慎重に利用していないと利用可能額を使い切ってしまうことがあります。利用限度額の増額申し込みが約款上は可能となっていることが多いので、銀行や消費者金融のコールセンターへ連絡して、増枠依頼をかけることが可能です。

しかし、増額申し込みを利用者側から行った場合には、お金に忙しい人という認識を貸金業者から見られてしまうリスクを抱えています。消費者金融ならば、総量規制にかかるほどの借入残高があれば、増額申し込みの有無に関わらず、年収の1/3に借入残高が到達した時点で借入はストップします。銀行カードローンでは、新しい増額申請額での再審査が行われるので、結果的に利用限度額が状況次第で減額されてしまう可能性もあると知っておかなければなりません。

初めてのキャッシングで知っておきたい3つのポイント

初めてキャッシングを利用する人は、きっと不安も少なくないことでしょう。金利が高い、万一返済が遅れたら厳しい取り立てに遭うなど、悪いイメージを持っている人もいるかもしれません。

何事も初めての時は不安がありますが、キャッシングに関してはポイントさえ押さえておけばそれほど不安がる必要はありません。現在は利息制限法の範囲内で借りられるようになっており、映画で見るようなやくざまがいの取り立てもありません。押さえておきたい主なポイントとは、キャッシングの種類と総量規制、それに審査の3つです。

まずは種類ですが、消費者金融、信販系、銀行系の3つがあります。もともとはキャッシングサービスと言えば消費者金融のお家芸ですが、今では大手銀行、地方銀行もほとんどが扱っています。一概にあてはめることはできませんが、消費者金融は審査が早い、銀行系は金利が安いが審査が厳しめ、信販系はクレジットカードに付随しているサービスと覚えておくと良いでしょう。利用目的によって絞り込めるはずです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入はできないという決まりのことで、消費者金融と信販系はほぼこれに当てはまります。逆に言えば、安定収入があれば借入できる可能性が高いでしょう。

最後に審査についてですが、融資にあたっては必ず審査が行われます。本人確認書類が必要となり、職場への在籍確認が行われることも知っておきたいポイントです。審査の際、信用機関への照会が必ず行われますので、数年以内に延滞や債務整理の経験などがある人は審査にパスすることは難しいと思っておきましょう。

転職活動が上手くいかずアコムで借入

3ヵ月前に転職をしようと思い、辞める意思を上司に伝え、そこでの仕事が残り1ヵ月となってから転職活動をはじめました。

自分の勤めていた会社はほんとに転職する人が多くて、その転職した人などにアドバイスをもらったところ、

景気が良いのかかなり仕事が溢れているという情報だったので安心して転職活動をしていたのですが、

なかなか希望の仕事がなく、いくつか面接も受けたのですが、ことごとく断られてしまい落ち込みました。

それから3ヵ月がすぎても転職先が決まらず、給料や貯金も底をついてしまいそうで困ってしまったのです。

しかし面接などには電車賃が掛かってくるため、どうにかお金を工面しないとと思いアコムに借りることにしました。

転職活動をはじめた時に、もしかしたら決まらない時の為にとアコムでキャッシングの審査は受けていてほんとに助かりました。

限度額は20万なので、それも底をついてしまうとどうしようもないので、それまでには就職が決めいといけません。

やはり貯金などの余裕を持ってから転職活動をしないと大変ですね。

しかしアコムで今回は借りれるので、仕事が決まったら早めに返済をしようと思います。

借入は長期で考えるとダメですが、こういう一時的に困った時などは大変便利です。

カードローンを利用した感想

誰もが一度は急な出費でお金がなくなってしまい、どうしてもすぐにお金が必要な場面を経験したことがあると思います。私もそのような経験がありましたが、その際にカードローンを利用しピンチを乗りきることができました。

一般的にカードローンには悪いイメージがついてしまっていますが、使い方にきちんと注意すればこれほど便利なサービスはありません。いつでも借りれて、いつでも返せるというのは人が思う以上に便利です。

私が実際に利用したのはプロミスのカードローンです。プロミスは三井住友銀行系のカードローン会社なので、安心して申し込みをしました。プロミスの良いところは午前中などの早い時間帯に申し込みをすればその日のうちに審査が完了しカードローンを利用できる場合があることです。

実際、私が初めてカードローンを利用したとき、どうしても早くお金が必要だったので朝早くに申し込みにいくとその日の夕方にはカードローンを利用することができました。

人からお金を借りるということは想像以上に大変なことであり、例えば銀行から融資を受けるとなると、その手続きは煩雑でとても骨の折れるものです。金利はカードローンに比べると安いことが多いですが、融資を受けるために手数料が発生したりと、そこまでの割安感はありませんし、色々な面で融通が利きづらいです。

カードローンであれば好きな時に好きな用途で借りられますし、返すタイミングもある程度は柔軟性があります。また、カードローンというと悪質な取り立てを思い浮かべる方が多いと思いますが、現在ではそのような取り立ては法律で固く禁止されているため、そのような心配は必要ありません。安心してカードローンを利用して欲しいと思います。

公務員でもキャッシングの審査に不利になるときはある

公務員はキャッシングを利用するにあたって非常に審査が通りやすいとされています。それは当然収入が非常に安定していて、世の中に公務員を上回るほど安定した稼ぎを得られている人はなかなかいないからです。しかし、そんな公務員であっても絶対にキャッシングの審査に通るわけではありませんから、注意しましょう。

公務員は収入の安定さにおいて、キャッシングの会社から信頼を得られているため、審査に通りやすいのですが、別の原因により信頼を失わせるようなことがあれば、一気に審査に不利になってしまうということです。例えば、1番ありえるのは過去に返済が遅れたりしたことが多々ある場合です。

1回くらいではそこまで審査に響かないかもしれませんけど、それが何度もあると、さすがに公務員といえども、この人に貸すと返済まで時間がかかりそうだと思われてしまうでしょう。収入が途切れないとしても、その得た収入を別のものに使っていたりしたら、当然返済には回ってきづらくなりますから、いくら公務員であっても、返済の意思が感じられないような行動が過去にあった場合には、それが不利に働いてしまうのです。公務員は審査に通りやすいと油断していると、過去に行った延滞などが理由で、いつか審査に落ちてしまうときがあるかもしれません。

学生がキャッシングを利用したい場合

学生の方であっても、どうしても急な出費などでお金が必要になることがあるものです。そのような場合、キャッシングを利用することは可能でしょうか。はい、学生であってもキャッシングを利用することは不可能ではありません。しかし、幾つかの条件があります。

まず、ほとんどの大手キャッシング会社は満20歳以上の人を対象にキャッシングをしていますので、この年齢に達していることが必要です。それに加えて、学生かどうかといった立場に関係なくお金を借りたい場合、毎月一定の収入があることが求められますので、アルバイトやパートタイムの仕事に就いていることが必要です。

そして、実際に就業していることを確認するために、在籍確認の電話が勤務先にかけられますので、勤務先の名称はもちろん、住所や電話番号を事前に把握しておくようにしましょう。こうした、年齢と一定の収入があるという条件を満たしているならば、たとえ学生であってもキャッシングを利用することは可能です。どうしても必要な時には、懸命に利用できるといいですね。

アルバイトでもキャッシングは可能?

キャッシングやカードローンの審査について、不安となる点として申込者の方の就業形態が挙げられます。中でも、特にアルバイトの方でもキャッシングを利用する事は可能なのかというものがあります。

結論から言えばキャッシングは可能なのですが、制限の掛かる部分としては、総量規制の対象となるキャッシング業者であれば年収の3分の1までが借入可能となる点でしょう。

アルバイトの方ですとやはり年収はあまり高くない事が予想されますので、必然的に借入限度額も低くなります。これによって、審査に通っても希望額に満たない事は考えられます。しかし、就業形態による審査への影響自体は法律上は制限がありません。つまり、キャッシングの利用自体は問題無く行えて、総量規制などの法律で制限される部分に該当していなければ、審査にも通ると考えられます。

ただ、事故歴などがあれば当然審査には非常に通りにくくなりますので、注意が必要です。要約しますと、就業形態がアルバイトであるかどうか以前に、まず総量規制による規制の対象となる状況でないか?事故歴がないか?などの基準で判断される事を理解しておくべきです。

もしも不安であれば、総量規制の対象外となる銀行カードローンへの申込をお勧めします。銀行カードローンは専業主婦の方などの無収入の方でも、限度額30万円迄であれば借入可能であるなど、より借入を行いやすい基準での審査が行われます。

こういった事を考慮して申込を行う事で、アルバイトの方でもキャッシングやカードローンが利用可能であると言えます。

キャッシングの限度額と即日融資の関係を知っておく

キャッシングの限度額の設定と即日融資には明確な関連性があります。

キャッシングが銀行の融資と大きく異なる点は、融資の最初の段階で法律によって限度額を設定されていることにあります。
キャッシングは、銀行と違って住宅を購入できるくらいの大口の融資を提供しているわけではありません。

住宅を購入するくらいの融資ならば本人の年収を大きく超えて貸すことが出来ますが、貸金業である消費者金融はそれほど大きな融資を提供していないのです。
これは、消費者金融に適用されている総量規制という限度額を設定する規定が存在するかしないかの違いであるとも言えます。
総量規制は、融資の申し込みにやってきた本人の融資額が年収の三分の一を超えないように規定している規制です。

仮に、年収が300万円ある人ならばこの三分の一である100万円の範囲内で消費者金融からお金を借りることが出来ます。

特徴的なのは、100万円の範囲内ならば一つの消費者金融の融資に限定されるわけではないということです。
ある会社で60万円のお金を借りたとするならば、別の会社で40万円までお金を借りることが出来ます。

100万円という限度額が設定されたときには、全ての消費者金融を含めた限度額ということになるためその金額を超えない限り審査で落とされることも絶対にありません。

そして、こうした情報は一律に信用情報で管理されるため容易に適性があるかどうかを判断することが出来るのです。

こうしたキャッシングの限度額がある以上、少なくともキャッシングの契約では危険性は伴いません。
消費者に対する負担を出来る限り抑えることが出来るのですから、必要以上に審査を厳しくする必要もないのです。

事実、日本国内で展開されている全ての消費者金融は原則として無担保のローンを提供しています。
担保を準備しなくても少額融資を受けることが出来るため、多くの人から支持を集めているのです。

このように、キャッシングは法律によって安全性を守られているため容易に即日融資も実施できるのです。

キャッシングの本人確認について

キャッシングの際には必ず本人確認をされます。これは当然の事なのですが、貸す方は本当に身分証通りの人なのか申告してきた通りの人なのかという確認をしないことには安心してお金を貸すことはできないからです。

なので本人確認を必ずされるのですが大体は確認する項目が決まっています。

主には住所、名前、生年月日等その人本人の情報とその人が住んでいる家の情報や会社員であるならば勤務している会社の情報について確認されます。

借りるほうは特に本人確認をされて困ることはないと思うのですが、しいてあげるなら在籍確認はできることならばして欲しくないという方がほとんどだと思います。その理由として、可能性は低いにしろ会社にキャッシングのことがばれる可能性があるからです。

ですが消費者金融や銀行からすると確認しないわけにはいきません。ただ確認するといっても借りようとしている人の情報を会社に言うわけではありません。

ただ会社に電話をして借りようとしている人の名前を告げ今話をすることができますか?というような言い方をします。電話先の人が今席をはずしていますなど、その会社には在籍しているが今は出れないと言うような内容のことを言えば在籍確認は終わりです。

消費者金融や銀行は電話の際、会社名ではなく個人名を名乗るので勤務先に消費者金融や銀行から電話が来たと判断される心配はありません。このような感じで本人確認はしっかりとされるのであらかじめ想定しておいた方が良いです。

いろいろある。総量規制対象外のキャッシング

もう複数の業者からの借り入れがあるので、総量規制の関係上新たにキャッシング申し込みは厳しいだろうと考えていらっしゃる方は意外に多いはずです。

年収の3分の1までが借り入れ上限と原則はなっている消費者金融、申し込みの段階で即断られることもあるでしょう。

しかし、数ある業者の中には総量規制対象外という場合もあるのはご存知でしょうか?

それが銀行ローンです。基本的に銀行が出しているキャッシング系のローンは総量規制対象ではありませんので、

消費者金融からの借り入れが既にあってもそれだけでは審査に通らないという理由にはなりません。

お急ぎの方も銀行系のキャッシングは楽天ローンなどで即日融資が出来る場合もありますので、

金利面も含めてかなり魅力的です。

また、もう一つ総量規制対象外のパターンがあります。

それがおまとめローンです。この場合なら消費者金融でも気にせずにお申し込みが可能です。

もちろん銀行系でも可ですので、金利の面からもまず銀行系のおまとめローンを申し込み、

もし審査に通らなかった場合は消費者金融のおまとめローンにお申し込みをしてみましょう。

おまとめならば、月々の支払いもかなり軽減できますので生活が楽になるはずですし、

何と言っても金利が通常のキャッシングプランに比べて低く抑えられております。

これにより払うはずの利息分が浮くためオトクになるのです。

このように、複数の借り入れがあってもまだまだあなたのキャッシングについては、

諦める必要がありません。きっと立ち直れるはずです。