キャッシング業者について」カテゴリーアーカイブ

Fマネーカードの良い点について

Fマネーカードはポケットカードが展開しているカードローンであります。

Fマネーカードのいい点としては、信販系カードローンでありますので、総量規制の対象です。

年収の3分の1以上で借り入れが可能という点で優れています。

返済手段も豊富ですべてのコンビニで利用可能で、都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫だけではなく、プロミスやクレディセゾン、エポスカードといったところでも

利用が可能ですから、大変便利な面が大きいです。

また、FマネーカードはファミマTカードを運営している会社と一緒のところですから、

Tカードも作っておくとポイントもたまって大変便利ですので、お金を借りるならポイントも一緒に貯めてやっていくといいでしょう。

新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時に提携ATMを利用する2つの理由

新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時は振込キャッシング、レイクATM、提携ATMになりますが、最近では提携ATMを利用している人が増えてきています。そこでなぜ新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時に提携ATMを利用する人が増えてきているのか理由を挙げていく事にしましょう。

・どこにいてもお金を借りる事が出来る

振込キャッシングやレイクATMを利用する時はお金を借りる時に場所が限定されてしまいますが、提携ATMはコンビニに設置されているのでどこにいてもお金を借りる事が出来ます。遠出をしている時に急にお金が必要になった時でも借り入れする事が出来るので提携ATMを利用している人が多いです。

・利用手数料が無料

大手の消費者金融でお金を借りる時に提携ATMを利用すると1回につき108~216円の手数料が発生してしまいます。利用する回数が多いと出費も多くなってしまうので振込キャッシングなどを利用してお金を借りる事が多いです。しかし新生銀行カードローンレイクは提携ATMの利用手数料が無料なのでお金を借りる時にメリットになります。

新生銀行カードローンレイクでお金を借りる時に提携ATMを利用するとこのようにメリットになる点があるので今後も提携ATMを利用してお金を借りる人が増えてくるでしょう。

結婚資金の調達なら楽天銀行ブライダルローンがおすすめ

楽天銀行では使いみち自由なカードローンに加えて、結婚資金をお得に調達できるブライダルローンの取り扱いがあります。結婚式や披露宴を盛大に挙げたいけれど貯金が足りないという人には強く利用をおすすめできます。

楽天銀行ブライダルローンは融資限度額が最高で300万円とゆとりのある借り入れが可能ですし、金利は2017年11月22日時点で固定性の年7.0%となっているので契約的な返済がしやすくなっています。

また借入金額が50万円以下の場合、月々の返済金額は1万円となるので、ある程度まとまった額を借り入れた場合でも無理のない返済ができるという特徴があります。

なお、契約の際には本人確認書類や収入証明書類に加えて資金使途証明書類も必要となります。

初めてのキャッシングなら銀行ローンがおすすめです

カードローンの取扱いは大きくわけて2つであり、銀行系と消費者金融系に分かれます。もしローンを組むのが初めて、という方でしたら銀行ローンがおすすめです。

銀行ローンは大手都銀が中心に行っているカードローンです。

メリットとして次の理由があるからです。

債務者として信頼性が高い

金利が低め

裁量規制が無いため最高限度額が大きい

自動融資機能がある

コンビニや全国にあるATMなどから返済ができるため、返済場所が多数揃っている

反対にデメリットとして

審査が厳しい

返済のための普通口座を開設する必要がある

通帳に全て記録が残る

という点があります。

どちらも審査が通れば即日キャッキング可能です。そう考えると、金利の低い銀行系の方が返済負担が減り初心者には向いているといえるでしょう。

新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいい3つの理由

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンに分類されていますが、消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいと言われています。そこでなぜ新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資に対応している

銀行カードローンは審査が厳しめで回答されるまでに時間がかかる事が多いので即日融資を受ける事が基本的に難しいです。しかし新生銀行カードローンは審査が最短30分で回答されるので消費者金融のように即日融資を受ける事が出来ます。

・上限金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14~15%で設定されている事が多いですが、新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されています。消費者金融と同じ設定になっているのも理由として挙げられます。

・無利息サービスがある

消費者金融のアコムやプロミスは上限金利が高く設定されているので無利息サービスを提供しています。しかし新生銀行カードローンレイクも無利息サービスを提供していてしかも30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあります。無利息サービスがあるのは消費者金融の特徴でもあるので理由として挙げられます。

レイクと同じ新生銀行系の”ノーローン”

レイクと言えば元は大手消費者金融で、現在では新生銀行のカードローンとして有名ですが、その新生銀行系には”ノーローン”という消費者金融も存在します。

このノーローンはレイクとかなり密接な関係があり、まずレイクの自動契約機から申込みを行うことができます。ノーローン自体の自動契約機は設置されていないので、必ずレイクのものを利用しないといけません。そして、ノーローンには自社のATMも存在しない為、レイクのATM、またはコンビニなどの提携先のATMを利用することになります。尚、レイクのATMは手数料無料で利用できます。

このように、ノーローンは表向きはレイクの施設をそのまま利用した消費者金融だと考えて構いません。レイクとの主な違いは、レイクのATMしか手数料が無料にならない点と(レイクはすべてのATMで手数料が無料です)、独自の無利息サービスです。

ノーローンの無利息サービスはかなり特殊で、最初に契約日から7日間無利息になります。これだけを見ると他社よりかなり短いと思ってしまうかも知れませんが、一度借り入れ全てを完済すると、その翌月以降の最初の借り入れ時にその日からまた7日間無利息になります。つまり、完済を繰り返す度に何度でも7日間の無利息期間が提供されるのです。

レイクの無利息サービスにも特徴がありますが、ノーローンのように何度も無利息にはなりません。この独特の無利息サービスに魅力を感じる場合には、レイクではなくノーローンを選択してみてはどうでしょうか。

借りる前にキャッシング会社の比較をしたこと

現在、キャッシングの返済を続けています。というのも、思いがけず自宅の修繕をしなくてはならなくなり、それにかなりの出費を要してしまったからです。幸い、工務店が多くの案件を手掛けており資金繰りもよかったので、修理費用の督促をされる不安はありませんでした。

おかげで落ち着いて支払いに必要となるお金をどのように準備するかということについて考えることができました。もはや借りるしか仕方のない状況だったのですが、それでも好条件でなるべく返済に苦労しないようにしておきたく思っていました。

そのためにも借り入れの瞬間が何よりも重要と認識していました。そこでキャッシング会社を比較して、どこが借りやすいかや金利はどこが低いかなどさまざまな条件で比較をしました。あまりにも落ち着いていて自分でもこれから本当にお金を借りなければならない立場にいるのかということを忘れるくらいでした。

わかってきたことは、借りやすいイコール金利が低く良心的とは必ずしもいえないということでした。またあまり知名度はなくとも地域に密着しているキャッシング会社の方がいい条件のところが以外とあったりして判断に迷うこともありました。結局、知名度や評価というものをある程度重視しましたが、十分に比較してからなので、納得して返済しています。

キャッシング初心者は比較が重要です

働いていても、働いていなくてもお金に困る事はあります。
そのような時に、普段から貯蓄をしていれば問題ないかもしれませんが、貯蓄が出来なかったり収入が少なかったりすると自力での工面は難しいです。

また、身近な家族や友人などに借りるという事も可能ですが、迷惑だと思って借りる事が出来ないという事もあります。
そのような時に、キャッシングをするという方法もあります。

しかし、キャッシング業者は数多くありますし、何を基準に申し込めばいいのかわからないという方も多いです。
ただ、安定した収入があるのであれば、審査は通りますので可能な限り利率が低い所を選ぶ必要があります。

その為、可能な限り多くのキャッシング業者を比較する事が大切です。
大きな所もあれば、地域密着で行っている所もありますので、多くのキャッシング業者を調べていく事が初めて借り入れをする方には大切です。

そして、効率よく比較をするのであれば、インターネットが一番です。
インターネットであれば、一気に比較をする事が可能ですし、深夜の遅い時間帯でも比較をする事が可能です。

その為、忙しい方でもしっかりと比較をしてから借り入れをする事が出来るので、安心して借り入れをする事が出来ます。

アイフルの利点と難点について

アイフルにはいろいろな利点がありますが、まず挙げられるのは「自分に合った借入方法が選べる」ということです。

通常の借入方法である「キャッシングローン」はもちろんのこと、借り換え専用の「かりかえMAX」、一本化専用の「おまとめMAX」、女性専用の「レディースアイフル」などの他、借りすぎを防ぐために限度額が低めになっているローンも用意されています。

また、返済方法についても、自分に合った物を選ぶことができます。

普通であれば、毎月の決まった日に返済して行きますが、「35日サイクル返済」を利用すると、普通よりも返済のサイクルが長くなるので、毎回の負担が軽減されます。

一方、アイフルの難点についてですが、まず挙げられるのは「金利」です。

「4.5~18%」と、銀行系と比べると高い水準といえます。

とはいえ、他の消費者金融と比べた場合は大差ありませんし、金利が高い分、即日融資が受けやすく、限度額も多くとりやすくなっています。

もう一つの難点は、「独立系の消費者金融である」ということです。

つまり、経営が危うくなったとしても、親会社からの支援を受けられないということです。

しかし、アイフルには過去に私的整理をしたことがあるにもかかわらず営業が続いているので、さほど気にする必要はないともいえます。

キャッシングは安定した収入がなによりも大切

キャッシングの申し込みは雇用形態にかかわらず行なうことができるため、アルバイトの方でも審査に通過できる可能性があります。

キャッシングの審査において安定した収入があるというのは大きなポイントであるため、勤続年数など職場に長く勤めている方は返済能力があるとみなされる場合もあります。

逆に仕事を始めて間もない方では今後も仕事を続けられるかどうかが分からない部分もあり、信用の面において乏しくなってしまうことも考えられます。

審査をする側も人間であるため、利用者が今後借入金額の返済をしていくうえでの見通しや安定性などをいかに印象づけることができるかが、キャッシングを利用するうえでのひとつのポイントとなります。

面倒な申し込みの入力も専用アプリで解消!プロミスの専用アプリ!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、今やインターネットから申し込みが可能です。スマートフォンやパソコンを利用して申し込みができるため、スマートフォンなら職場や外出先から短時間で手続きを行うことができます。しかし、スマートフォンを利用できるといっても入力の手間があります。

ですが、プロミスなら専用アプリを利用した申し込みにより、入力作業を簡略化できます。運転免許証や名刺をカメラで撮影することで、必要な情報を自動的に判別して入力してくれます。特に運転免許証はフォーマットが統一かされているため、氏名や生年月日、住所といった情報を入力する手間がありません。

仕事の合間や休憩時間に申し込みを済ませたいというのであれば、プロミスならホームページからではなく、専用アプリを利用しましょう。

アイフルのファーストプレミアムカードローン

初めてアイフルと契約しようと考えている方、ちょっと待って下さい。アイフルには、ファーストプレミアムカードローンという非常に低金利なカードローンがあります。

このプレミアムカードローンの金利は年3~9.5%、融資限度額は100万円~800万円と銀行カードローン並みの高スペックです。もちろん30日間の無利息サービスも付いており、即日審査・融資も可能です。さらに最近始まったカードレスでの契約も可能です。

こう書くとなんと素晴らしいカードローンだと思われるかもしれませんが、高スペックならではの審査の厳しさもあります。また契約できる年齢が満23~59歳となる点も注意が必要です。

ですから年収や属性に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがですか?

モビットのキャッシングについて

モビットは、誰もが知っているキャッシング会社です。モビットは、三井住友銀行グループが運営しています。モビットでは、キャッシングの申し込みをウェブで全て完結させることができます。ウェブから申し込みをすると、キャッシュカードなしで取引を行えるため、自宅に郵便物が届いたり、電話がかかってくることもありません。

またもビットのホームページには、申し込みの事前に審査が通るのかどうか簡単な診断を無料で行うことができたり、返済についてのシュミレーションを行うこともできます。また即日や急ぎでキャッシングを利用される方は、ウェブから申し込み後、モビットのフリーダイヤルに電話をするだけで対応してもらえます。

フリーダイヤルへの電話は、受付時間が9時から21時となっています。24時間対応ではないのでお気を付けください。

総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。

SMBCモビットは低金利な銀行と審査のスピードが早い消費者金融がひとつになったカードローン

どうしてもお金を借りたい時には、金利が低く設定されている銀行か審査のスピードが早い消費者金融にしようか迷うことがあると思います。SMBCモビットは、銀行が運営を行っているカードローンのことで、金利も低く設定されており、審査のスピードも早いといったメリットが多くあります。

SMBCモビットの特徴というと、カードローンの中でも実質年率が3%からあり、8つの金利プランがあります。どの金利プランも金利が低く設定されており、お得に利用することができます。

他にも、Webの申し込みだけで借り入れが完結できる「Web完結」があり、自宅や会社にいたまま、SMBCモビットのスタッフに会うことなく、申し込みから借り入れまで完了することができます。

プロミスでの即日キャッシングについて

キャッシングの比較サイトなどで、お勧めの借入先として人気があるのがプロミスです。プロミスのキャッシングは、審査がスピーディ、自動契約機の設置数が多い、三井住友銀行のATM手数料が無料、30日間の無利息サービスがある等、メリットが多いことでよく知られています。

初めてキャッシングを利用する場合、即日融資を希望する人が多くなっていますが、プロミスは、もちろん即日融資にも対応しています。平日の14:50分までに全ての手続きを完了させた場合は、借入金は指定の口座に振り込んでもらえるので、来店不要で即日キャッシングが可能です。スマホ一つあれば仕事中にも申し込みが可能です。

自動契約機まで出向いてカードを受け取ることができる場合は、22時までに契約完了で即日融資が可能となっています。遅い時間帯に即日キャッシングを申し込む場合は、近くの自動契約機の稼働時間を確認するようにしましょう。

キャッシングの自動契約機利用の時に知っておきたいこと

キャッシングを急いで利用した場合には自動契約機の利用が利便性が高くなっています。消費者金融ではかなり多数の自動契約機が設置されていますから、都会では自動契約機が近くには全くないということはないでしょう。ほとんどの自動契約機が即日融資に対応していますから、最も早くキャッリングを利用する方法は自動契約機です。

ただし、素早く自動契約機を使ってキャッシングをしたい場合には、知っておいたほうがいいことがあります。それは、自動契約機に行く前にインターネットでキャッシングの申し込みと審査を済ましておくことです。これによって自動契約機の室内で時間がかかってしまうということが避けられますし、自動契約機の室内で審査に通らないという最悪の事態も避けられます。

大手消費者金融の在籍確認の例外とは?

カードローンを契約する際、原則として職場への在籍確認が取れないと契約が完了できません。特に大手消費者金融で即日融資を受ける際に、在籍確認が取れるかどうかで即日融資の可否が決まります。

しかし大手消費者金融では、在籍確認を後回しにして先に融資を受けることも可能です。100%認められるわけではないのですが、最初の申し込み確認の電話があった時に担当者に相談してみましょう。あなたの属性次第で認められるかもしれません。ただし融資限度額は減額される場合もあります。

また在籍確認の電話連絡がどうしても嫌なら、同様に担当者に相談してみましょう。大手消費者金融では、書面を提出することにより在籍確認を省略することが可能です。ちなみにその書面とは社員証や健康保険証、給与明細などです。ですからお勤めの方のみ認められます。

アイフルの教育ローン

子どもの教育にかかるお金をどうやって捻出するのかというのは多くの親にとって重大な問題だと言えます。お金がないからという理由で子どもがやりたいと思っていることを屋させてあげることができないのはあまりにも子どもが可哀想ですし、しかしだからといって無い袖は振ることはできないという現実的な問題もあります。

子どものための教育資金を確保するためのおすすめの方法の一つがアイフルの教育ローンの利用が挙げられます。アイフルといえばキャッシングローンが有名ですが、目的別ローンの取り扱いも行っていて、教育ローンの取扱いもしているのです。

アイフルの教育ローンは金利が年9.8%から12.0%となっていて、キャッシングローンよりも良い金利条件でお金を借りることのできる可能性が高くなっているのです。使いみちが教育費用と決まっているのなら教育ローンがおすすめです。

モビットの申込方法のローン申込機とWEB完結申込のメリット

モビットの申込方法は無人契約機のローン申込機かネット上ですべての手続きをする事が出来るWEB完結申込を利用する事になります。そこでローン申込機とWEB完結申込のそれぞれのメリットを挙げていく事にしましょう。

・ローン申込機のメリット

ローン申込機で申込手続きをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されます。キャッシングカードが発行されたらすぐにコンビニに設置されているATMでお金を借りる事が出来ます。コンビニに設置されているATMは24時間利用可能なのですごく便利です。しかりローン申込機は設置台数があまり多くないので申し込みをする前に設置場所を確認しておいた方がいいです。

・WEB完結申込のメリット

WEB完結申込を利用して申込手続きをするとネット上で完結するので来店不要になるのがメリットになります。ローン申込機は設置台数があまり多くないので住んでいる場所の近くに設置されていない人はオススメです。また24時間いつでも申込手続きをする事が出来るので昼間だけでなく深夜でも申し込みをする事が可能です。

ローン申込機とWEB完結申込で申し込みをするとこのようなメリットがあるのでどちらが自分に合っているのかを判断してから選んでみるといいでしょう。