キャッシング」カテゴリーアーカイブ

地方銀行の総量規制までの自主規制はまちまち

総量規制を意識した自主規制が、地方銀行でもいくらか実行している企業があるようですが、結構少ないです。

明確に自主規制をしているものは数社ありますが、(広島銀行、京都銀行、百五銀行など)地方銀行の中でも、とくに大規模で歴史も長いものが多い印象です。

理由としては大手並みにでかいところでありますから、行政の目が厳しいのではないかということが考えられます。

逆に地方でも目立たないところですと、それほど影響がないためか自主規制をしていなかったり、規制があってもそれほど乗り気ではないレベルのようです。

地方銀行なら、まだ借り入れがしやすいところもありますので、ちょっと調べてみて借入しやすいところを探ってみるといいでしょう。

カードローンは無利息で利用できるところがあったりします

カードローンという個人向けの無担保融資であり、無担保というところにメリットがあります。個人の信用を重要視して貸してくれるローンということになりますのでも使い道というのはそこまで限定されるわけではなく、フリーローンということになることが多いです。

多くのカードローンにおいて最初は無利息で貸してくれるというところがかなり増えています。

つまりはとにかく最初に自分のところを利用してほしいということでそういうサービスを提供しているということがありますのでうまく活用するようにするとノーコストで借りられることがあったりします。ですから、業者を選ぶときにはそうしたサービスを提供しているところにしたほうがよいでしょう。

キャッシングの返済が遅れる場合は連絡が必須

キャッシングでは返済期日までに確実に返済しなければいけないというイメージもありますが、決してそんなことはありません。

もしもからかじめ決められた期日までに返済ができない場合には事前に金融機関へ相談することで返済日を伸ばしてくれるケースもあります。

金融機関側としては返済が遅れそうなときにしっかりと連絡をしてくれる利用者の方が信頼できるため、遅れることが分かった場合には速やかに連絡することが大切です。

キャッシングはあくまでお金を借りている状態ですから返すことが前提となります。

何も連絡をせずに返済がないような場合には督促の連絡が来ることもあり、今後のキャッシングや増額に影響する可能性もあるので誠実に対応することが肝心です。

カードローンは銀行系と消費者金融系で使い分ける

カードローンと言えば昔の利息の高い時代の消費者金融のイメージがありますが、現在は法律が整備されて上限は明確に決まっています。

闇金融の様な違法の業者に関わらなければ必要以上に高金利を心配する必要はありません。

上限金利は出資法で一律、年20%以下と決まっています。これを破れば刑事罰になります。

また民事上の利息制限法では借入金額によって年15%~20%と幅があり、元金100万円以上では年15%、10万円未満でも最大年20%までです。

実際の上限相場では銀行系で大体年14%以下、消費者金融系で年18%ぐらいの利息になります。

それも初めての客やリスクの高い客にかかる利息で、返却の実績を積んで信用を増せば10%を大きく割り込ませることも珍しくありません。

ただ銀行系と消費者金融系のカードローンが利用できる客は毎月一定収入のある方に限ります。

また年金だけの収入の場合には審査の早い消費者金融系カードローンを組むことはできません。

副業や不動産や株式等の不労所得が別にあれば大丈夫ですが、年金だけでは銀行系のカードローンでしか借りることはできないでしょう。

ただ銀行系カードは即日審査は難しいですから、日程には余裕を持って準備しなければなりません。

ですが、不測の事態で現金が急に必要になった時に備えて、情報収集や相談をしておけばいざという時に慌てることはありません。

カードローンは銀行系と消費者金融系でどちらを利用できるのかシミュレーションをしておいた方が安心です。

初めて消費者金融をお金を借りる時に大手を利用した方がいい理由とは?

消費者金融は大手から中小までたくさんありますが、初めて借り入れを利用する時は大手を利用した方がいいと言われています。大手は審査をしっかりやるので早く借りたい時は中小を利用してしまう人もいますが、なぜ大手を利用した方がいいのか理由を見ていきましょう。

消費者金融は大手も中小も最高金利は18%以上になっているので加算される利息も多くなってしまいます。しかし大手は無利息サービスを提供しているので初めて利用する時は30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。

中小を利用するより加算される利息が大幅に少なくなるので返済する時にすごく楽になります。少額の借り入れをする場合は無利息サービスが適用している間に完済する事も出来るので初めて利用する時は大手を利用した方がいいです。

キャッシングの返済方式にはいくつかある

キャッシングの返済は出来るだけ早くやるのが基本になります。それは何故かといいますとそのほうが利息の支払いが減るからです。返済の方式は基本的に二つあります。まず、毎月、必ず支払う必要性がある金額ということで指定されている約定返済です。まずはこれが基本になります。しかし、もう一つの方式を使うことができるのであればそれにこしたことはないです。

それが随時返済になります。随時返済ができるようになりますとなんといっても素晴らしい事になります。約定返済をしつつ、余裕があれば随時返済を、ということが基本とになることでしょう。これだけでも大分違うことになります。とにかく利息の支払いが嵩む事になるのが約定返済だけをするタイプになりますから注意しておきましょう。

おまとめローンを活用して支払額を減らす方法

適用金利が15パーセント以上の業者からお金を借りている場合には、金額によっては月々の返済額が10万円を超えるケースもあります。標準的な収入の会社員や自営業者にとって10万円を超える返済は、生活を圧迫するような大きな負担です。

しかし金利が低いおまとめローンを活用すると、支払利息を減らせるために借金の返済はかなり楽になります。おまとめローンのサービスを提供している銀行などの情報を調べて、最も有利な条件で借金を借り換えるのがポイントです。

金利が10パーセント未満のローンを活用して借金を一本化すると、今まで以上にスピーディーに返済を進めることもできます。好条件のローンに一本化したり繰り上げ返済も併用するのが、借金の悩みを早期に解決するテクニックです。

Jスコアの特徴とメリットについて

カードローンを利用した場合の金利の相場は、大手消費者金融で17.8~18%、中小の消費者金融だと20%になります。メガバンクだと少し低くなり、約14.5%になります。

あまり知られていはいませんが、メガバンクよりもはるかに低い12%という金利でお金を借りることができる金融機関があります。それがJスコアです。

Jスコアはみずほ銀行とソフトバンクが設立した会社で、AIスコア・レンディングという個人向けの融資を行っています。AI(人工知能)によって金利や限度額が自動的に決まるフィンテックを活用し、自動契約機やATMを設置しないことで経費を抑え、他の金融機関よりも遥かに低い金利を実現しています。

自動契約機やATMがないので、手続きは全てインターネットで完結します。返済方法の選択肢が少ないことがデメリットですが、Pay-easyを利用して手数料無料で返済したり、繰り上げ返済することも可能です。金利を重視するなら、Jスコアでの借り入れを検討してみてはどうでしょうか。

アルバイトの人がキャッシングを利用するための条件

アルバイトで働く人がキャッシングを利用する場合、どの程度の年収が必要か気になる人も多いでしょう。基準は業者によって異なりますが、100万円以上ある方が審査には通りやすくなります。ただ、100万円以下でも同じ勤務先で長く働いている、他社借入がなく信用情報にも問題がないという場合は審査に通る可能性があります。

信用情報に関しては、キャッシングの利用経験がなければ問題が発生することもないと考える人もいるでしょう。しかし、携帯電話の割賦の支払状況や奨学金の返済情報など、意外な情報が記載されていることもあります。

そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に影響を与える支払いの遅れや返済の遅れがないかを見直しておく方が良いでしょう。

自動契約機で簡単スピーディーに

キャッシングの流れについて、私が経験したことを中心にまとめたいと思います。キャッシングを行う際は、基本的に自動契約機だと思います。中に人がいるのではなく、タッチパネルや電話などで契約を勧めていきます。身分証の提示もコピー機のような感覚でできます。電話も顔を合わせることはないので、あまり緊張せずに行えるかと思います。

機械音痴の人は少し戸惑うこともあると思いますが、何かあれば電話がかかってきて丁寧に教えてくれます。時間としては、本当に早くてあっという間です。数十分で簡単に済みます。そしてお金はその日のうちに借りることができます。お金がすぐに必要な人は助かりますね。簡単に借りることが出来るので、返済までの利用を計画的に考えて試してみてもいいかと思います。