注意したい利用し過ぎ!1回の高額借り入れよりも少額かつ頻度が多い方が問題!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば自由に借り入れすることが出来ます。しかし、カードローンによる借り過ぎが問題視されており、特に銀行カードローンは社会的に問題となりました。単に借り過ぎが問題といっても、金額的なケースや利用頻度によるケースと様々です。

一見すると一度の借り入れで高額借り入れをすると借り過ぎに思えますが、その後の返済により効率良く残高が減れば借り過ぎとは言えません。むしろ、少額の借り入れで利用限度が多い方こそ借り過ぎであり、収入に見合わない支出がありキャッシングに頼っているのが借り過ぎと言えます。

少額かつ借り入れ頻度が多い場合、減少した利用残高も直ぐに元に戻る可能性があります。特に毎月最低額しか返済しない場合は、次第に利用残高が膨れ上がり、返済しても減らないという負のスパイラルに陥ります。この状態はまさに自転車操業状態になっているため、速やかに問題を解決することが重要です。利用残高が少ないうちは、まだ後戻り出来る可能性があります。