返済頻度と借り入れ頻度のバランスに注意!バランスが悪いと与信悪化の危険性も!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば繰り返し利用でき、追加での借り入れも可能です。この点は便利ではあるものの、借り入れ頻度と返済頻度のバランスに注意する必要があります。限度内であれば、何回でも利用は出来るものの、返済額が少なく、借り入れ頻度の方が高くなるほど融資リスクが増加します。結果として、債務超過のリスクが高まり、増額審査が通過し難くなるだけでなく、利用限度枠の減額に繋がる可能性があります。

また、返済したあと直ぐに借り入れをするといった行為を繰り返した場合、家計が自転車操業状態と疑われてしまい、信用度が下がってしまいます。与信状況の悪化により、良くて新規利用の停止、悪くて一括返済という問題に繋がるため、利用する頻度には注意が必要です。

借り入れや返済が多い分だけ、取引情報が多くなり、個人信用情報での信用度が高くなると考えてしまうものの、取引情報をしっかりと確認するケースもあるため、常に注意を払うのが重要なポイントです。

最悪の場合、カードローンだけでなく、クレジットカードの更新にも影響が出てしまい、生活全体に対する影響もあり得ます。先ずは、返済して直ぐ借り入れするという場合は生活水準の見直しを図り、キャッシング依存しない家計に改善することをおすすめします。