キャッシングの限度額とは、どれくらいまで借りられるのか。

キャッシングは、返済を前提にしているからいくらでも借りれる、というわけではありません。途方もない金額を貸してしまったら、本当に返済者が返してくれるのか、本人返す意思があったとしても返済して貰えるのかがわからないですよね。そのため、キャッシングで契約できる借り入れ金額には限度額というものがあります。その額を理解するのに必要なのが、「総量規制」というキーワードです。総量規制とは、端的にいうと「自分の年収の3分の1以下まで借りることが出来る」ということです。年収の3分の1以上になると、返済による負荷から返済者の生活が苦しくなったり、金融機関からすると自己破産されて貸し出した金額が回収できないリスクが出てくるためです。

そのため、キャッシングの限度額は年収の3分の1までです。年収が100万円なら33万円まで、600万円までなら200万まで。この3分の1、というのはどれだけ年収が上がっても変わらないので注意しましょう。