外食よりも家で食べると節約といえる

我が家は2人暮らしで、どちらかと言えば一般家庭よりも外食の多い家庭かも知れません。しかし二人分の食事を用意する手間や材料なども残ったりする事から外食だと無駄なくもったいなくない事として外食を良く選んで食べています。

しかし健康のことを考えたりすると外食は味付けが濃いものが多かったりとどうしてもその辺りは一般受けを考えているお店が多くなります。ここで考えたのが外食と家でのご飯を半分にする作戦です。周代わりで外食の週と家ご飯の週に分けて行えば調度半分に毎月なります。

そうなれば健康のバランスも按分される事でかなり良い形になります。全く外食ばかりであればそれこそ金額的な負担と合わせて健康を損なう恐れも出て来ます。そうなれば目に見えてお金がかかるケースも増えていきます。もったいないから外食をする考えとしては間違いなでありませんが、先のことを考えて健康面の心配などを踏まえるとやはり家で食べるご飯もかなり重要なポイントとなっていきます。

そうなればバランスを考えて食事を作ったりもしますし、時々外食を織り交ぜると美味しさもさらにアップして考え方も変わるかも知れません。そうなれば家計にやさしいプラスアルファーも考えられます。