キャッシングは学生でも出来る?

世間では一般的に学生という立場ではキャッシングをすることができない、もしくは審査が厳しいのでほとんど無理であるという見解が多いですが、きちんとした情報に基づいて判断をすることができるのならば学生という立場でもキャッシングをすることができます。
一般的なこととしてキャッシング会社も、借りた人がきちんと返済できると思える人にはお金を融資したいと考えています。
それでアルバイトでもきちんと定期的収入がある人であればキャッシングを出来ると考えてよいでしょう。
しかし安定した収入があるだけでなく、家賃や携帯電話の通信料、電気代、水道代、ガス代などがきちんと遅れることなく支払われていることも一つの審査対象になります。
なぜならそれによって、その融資を受ける人が、融資を受けたときに返済について真剣に考える人かどうかを判断することが出来るからです。
そのようなことを踏まえて学生の方はキャッシングの申し込みをしましょう。

キャッシングの返済で注意したい2点

消費者金融でお金を借りた後に返済期日までにしっかり返済していかなければいけません。
返済期日までに返済していかないとどんどん滞納してしまい次第に返済が困難な状況になってしまう事もあります。
それにより金融事故に繋がってしまう可能性もあるので返済する時に注意したい点をしっかり把握しておく必要があります。
そこでキャッシングの返済で注意したい点を確認していきましょう。

・利息の総額を把握する

消費者金融でお金を借りると金利が発生するので利息が加算されていきます。高金利で設定されているので加算される利息も多くなり返済する時にも影響が出てきてしまいます。それで返済する時は借り入れした金額だけでなく利息の総額も把握しておく事が大切になってきます。

・返済期間をしっかり決めておく

消費者金融は借りたお金を返済する時に人によってペースが異なりますが、事前に返済期間を決めておかないと再び借り過ぎてしまったりしてしまいます。それで借入総額が増えてしまい返済が大変になってしまうので返済期間をしっかり決めておく事も大切になってきます。

キャッシングの返済で注意したい点はこのようにあるので実際に消費者金融に申し込みをする前にしっかり頭に入れてきましょう。

無利息のカードローンを利用するメリットとは

キャッシングやカードローンを利用する事で、お金が必要な人はお金を借りる事が出来ます。融資されたお金の返済は、利息が発生しますので、返済時には利息と元金を合算した金額を返済する事になります。分割で返済する場合、月々利息が発生します。返済の負担を軽くするには、返済時に発生する利息をどれだけ少なく出来るかが重要になってきます。

新生銀行のカードローンサービス「レイク」などのように、初回利用を条件に一定期間利息を無料にしてくれる金融機関や金融会社が出てきています。このサービスは、初めて融資サービスを使う人に限定されますが、最大30日間利息が無料となっています。無料期間を過ぎて返済したり、対象となっている金額を超えて融資を受けた場合には、その超過した分だけ利息が発生しますので注意が必要ですが、この仕組みを活用すれば、返済時の返済額を最小限に抑える事は十分に可能です。

無利息のカードローンやキャッシングを提供している金融機関や金融会社の数は、それほど多くありませんので、無利息を目的に申込みが出来る融資サービスを全て申し込んでも良いでしょう。審査は通常のカードローンやキャッシングと同じですので、審査を通過すれば、この無利息サービスを利用出来るようになります。

楽天銀行に口座を持っていたらアコムにしよう

消費者金融の申込み先を選ぶ際には、金利を始めとした多くの検討項目を比較して決める必要があります。消費者金融は、貸金業法で決められた総量規制の影響を受けるので、利用限度額の上限は、総量規制に抵触しない程度の範囲に制限されます。多額の利用限度額設定がされない以上は、利息制限法で定められた上限金利も10万円以上100万円未満の年18%という利率が適用されることが多いでしょう。

アコムも同様に18%近い金利で融資が行われていますが、少なくとも楽天銀行に口座を持っていたら、選択肢に入れても良いです。

なぜなら、アコムで専用ローンカードを発行していれば、ATMやCD機から借入れが可能ですが、ATM利用手数料だけでも回数が増えれば勿体無い金額になるからです。アコムの専用サイト経由で振込融資を楽天銀行口座に依頼すれば、手数料無料で融資を24時間いつでも数分で行なってもらえて便利です。

スマートフォンを持っていれば、手続きを行なってから楽天銀行口座経由で引き出せば、周囲にはカードローンを利用したとは分からないでしょう。また、公共料金の自動引き落としを設定していて、残高不足になりそうと分かった段階で、すぐに振込融資依頼をおこなえば、自動引き落としに間に合わせることも可能です。

万が一に備えて貯蓄や積立保険は行わない方が良いことも!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンを返済中でも、少なからず将来に備え、貯金や積立保険を行う方はいると思います。
しかし、万が一の場合において、これらは回収可能な資産と見做されてしまい、失うリスクを伴ってしまいます。

近年では、銀行カードローンの返済が滞り、債務整理を行う方は増加傾向にあり、自己破産者も増加している状態にあります。
特に積立保険の場合は、保険料と支払っていると認識しがちですが、解約返戻金が資産と見做されてしまい、高額になるほど債権者への分配が行われることとなります。
そのため、将来に備えるのであれば、これらの契約を解約し、カードローンの返済に充当する方が総返済額が少なくなり、トータル的に貯金や積立が出来る金額を増やす結果となります。

毎月の返済において、余裕がなくなっている方は、生活費に占める出費の中で保険料を見直すことが重要なポイントとなります。
カードローンは返済方法の性質上、返済期間中の長期化や返済額の増加を引き起こし易いというデメリットがあります。
先ずは、30万円ほどの金額であれば、1年以内に完済出来るよう計画が重要になります。
例えば、30万円を銀行カードローンで借り入れした場合、1年で返済すれば約32万4千円となり、月額3万円ほどの返済になります。

一方、3年で返済した場合、37万円1千円となり、月額1万円ほどで済むものの、5万円近い金額を溜めることが可能です。
資産を失うリスクを伴うより、預貯金や積立が出来ないという方がリスクが低く、将来的にもプラスのメリットが生じます。
先ずは、毎月の返済はリスク管理が非常に重要になります。

即日融資を受けるには銀行口座も重要

生活している中で急な出費があり、どうしても明日までにすぐお金を用意しなければいけない、という事態になることがあります。

そういう時には即日融資可能なキャッシングを利用することになりますが、時間制限が問題です。

というのも、即日融資を謳っているキャッシング業者でも、実際にその日の内に借り入れるには、大抵が平日の14時、つまり午後2時までに契約を終えている必要があります。

が、その時間を過ぎた後に即日融資を受けないと間に合わないことに気付くことも少なからずあるからです。

そうなると基本的に明日まで待つ必要がありますが、例外があります。

一部のキャッシング会社は、特定の銀行口座になら24時間いつでも振込を行っているので、即日融資が受けやすくなるのです。

例えばアコムなら楽天銀行口座、モビットなら三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のどちらか、プロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行に口座があれば、何時でも即日融資が受けられます。

普段使いでなくてもこれらの口座を用意しておくと、急な即日融資が必要になった時に重宝するでしょう。

ちなみに振込が24時間いつでも行ってもらえるとしても、電話窓口や自動契約機には営業時間があるので、申し込もうとしたら営業終了していて手間取る恐れもあるため、即日融資はネットから申込んだほうが確実です。

銀行カードローンならば必要な金額を借りられる

銀行カードローンを利用出来るならば、消費者金融へ申込む前に先に銀行を利用すると良いでしょう。なぜなら、消費者金融には総量規制があるので、必要としている金額の借入が出来ない可能性があるからです。少額融資に限定すれば、銀行も消費者金融も違いは少ないですが、借入額が大きくなるほど銀行カードローンが有利になるでしょう。

消費者金融の金利設定は、利息制限法で規定される上限金利に近い利率ですが、銀行カードローンならば上限金利よりも遥かに低い金利設定をしている銀行があります。

銀行カードローンを利用する際には、信用実績を積み上げて借入に対してしっかりと返済することが重要です。個人の与信力次第では、利用可能枠の増額だけでなく金利設定も引き下げてもらえる可能性があります。銀行カードローンの金利設定は、銀行ごとに独自判断がされるものの、中には同じ利用限度額であっても個人別に金利設定を変えている銀行が少なくありません。

リスクに対して金利を引き上げて対応するわけですから、返済能力がしっかりしている人ほど貸し倒れリスクが少なくなるので、結果的に低金利融資を行なっても銀行が損をすることは無いわけです。信用実績を積み上げるほどに銀行カードローンは、消費者金融よりも利息を少なく出来ます。

延滞には要注意!キャッシングにおける返済とは

初めてお金を借りる際は精一杯努力するものですが、いざ返済の時になると結構いい加減にしてしまうというのがキャッシングをする人に多い傾向です。しかし、キャッシングにおける返済には早く返すための方法というものを理解しているだけで、金利、利息をかなり節約することができるのです。

毎月の返済でほんのわずかな金額でもよいので、少しだけでも多く返済することにより、最終的には数万~数十万円という利息を節約することができる、ということをこれから返済を行っていくという方に是非とも知ってもらいたいのです。

キャッシングにおいて利息総額や返済の期間を算出するために必要とされるものは、「借入金額(残高)」「金利(年率)」「毎月の返済予定額」です。これらの情報を用いてキャッシング業者のホームページなどで返済額のシュミレーションが可能となっていますので、あわてないでいいように事前に返済のシュミレーションを行っておきましょう。

また、初めての方で「借金をはやく返済したい」「利息に困っている」という方はできる限り「繰り上げ返済」するようにしましょう。

キャッシングには最小返済額、つまりは「最低限これだけは返済しなければなりませんよ」という決まった金額があるのです。毎月行われる返済では、最小返済額以上のお金を返済していくことになるのです。つまり「最小返済額よりも大きい金額で返済を行うこと」を「繰り上げ返済」というのです。

繰り上げ返済を毎月行っていくことで、借り入れた元金は早く減っていき、返済する期間も段々と短くなっていき、利息の総額もきっちりと抑えることが可能となっています。毎月数百円~数千円程度でもかなり利息を落とすことができるので、返済時にはできるだけ繰り上げ返済を意識して多めに返済するとよいでしょう。

また繰り上げ返済は、早く返済すればするほどその利息節約効果が大きくなっていきます。まとまった金額を返済するといった場合は、できる限り早いタイミングで返せるようにしておきましょう。

キャッシングの借り換えのタイミングは金利で判断する

すでにキャッシングを利用していて、他のキャッシングに借り換えるかどうかを考えるのは金利が低く借りることができる金融機関を見つけたときでしょう。借り換えには金利が低い金融機関の審査に通る必要がありますが、高い金利の金融機関に長く返済を続けていればいるほど利息はかさむことになりますから、借り換えのタイミングが訪れたと判断すれば早く行動するほうがメリットが大きくなります。

住宅ローンなどのローン商品では残債の一括返済には少なくない手数料がかかることが多いので、手数料と利息額の減額分を正確に計算しなければならないのですが、一般的な無担保キャッシングの残債の一括返済では手数料がかからないと考えられますから、金利が低くなった分はメリットしかないのです。

せっかく利用している金融機関で借りて、順調に返済を続けているのだから、借り換えするのは面倒だ、などを考えていては自分が損をするだけです。無担保キャッシングが一括返済に手数料がいらないのはもともと金利が高いからです。少しでも金利が低い金融機関を見つけたならば遠慮なく借り換えを早めにすべきです。どの金融機関から借りても自分に有利になるように考えるべきだからです。

大手銀行とネット銀行のカードローンの特徴

銀行カードローンは大手銀行とネット銀行のカードローンが人気となっています。それによりどちらを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。そこで大手銀行とネット銀行のカードローンのそれぞれの特徴を見ていく事にしましょう。

・即日融資も可能な大手銀行のカードローン

銀行カードローンは審査が厳しい傾向があって融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いです。それにより即日融資を受けるのが難しいと言われていますが、大手銀行のカードローンは即日融資を受ける事も可能になっています。店舗内に設置されている契約機で申込手続きをすると審査が即日回答されて即日融資を受ける事が出来ます。条件がありますが、即日融資を希望している人は大手銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。

・WEB完結で申込手続きが出来るネット銀行のカードローン

ネット銀行は店舗や契約機が設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。ホームページからWEB完結で申込手続きが出来るのでネット環境が整っていれば来店不要でお金を借りる事が出来ます。申し込みに手間をかけたくない人はネット銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。また24時間いつでも対応しているので忙しくて時間が取れない人もネット銀行のカードローンを選ぶがオススメです。