モビットのスピードキャッシング

大手消費者金融のひとつであるモビットはインターネットやアプリと連動することでスピーディな融資を実現させています。

あらかじめ審査の前に借り入れが可能かどうかの目安として行われる簡易審査の「診断」に関してもモビットはわずか10秒で結果を表示してくれるという迅速さです。

また契約後の借り入れに関してもアプリなどを利用することでスピーディに行なうことが可能で、口座を登録することでキャッシングした金額を直接振込んでもらえる振込キャッシングやスマホだけで借り入れができるスマホATM取引など、アプリをインストールすることでカードが無くてもキャッシングができるサービスを多く導入し、スピーディなキャッシングを可能にしているのです。

大手消費者金融の在籍確認の例外とは?

カードローンを契約する際、原則として職場への在籍確認が取れないと契約が完了できません。特に大手消費者金融で即日融資を受ける際に、在籍確認が取れるかどうかで即日融資の可否が決まります。

しかし大手消費者金融では、在籍確認を後回しにして先に融資を受けることも可能です。100%認められるわけではないのですが、最初の申し込み確認の電話があった時に担当者に相談してみましょう。あなたの属性次第で認められるかもしれません。ただし融資限度額は減額される場合もあります。

また在籍確認の電話連絡がどうしても嫌なら、同様に担当者に相談してみましょう。大手消費者金融では、書面を提出することにより在籍確認を省略することが可能です。ちなみにその書面とは社員証や健康保険証、給与明細などです。ですからお勤めの方のみ認められます。

アイフルのキャッシングサービスの特徴は?

消費者金融は業者によってキャッシングをする時の特徴が違います。最近ではアイフルを利用してキャッシングをする人が増えてきていますが、実際にどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

消費者金融は審査が最短30分で回答となっている事が多いですが、アイフルは1時間ぐらいかかってしまう事もあります。他の消費者金融と比較すると融資スピードは劣ってしまいます。しかしネットで申し込みをして振込キャッシングで借り入れをすれば来店不要になりますし女性専用のレディースアイフルのサービスも提供しているので特に女性が利用しやすくなっています。

融資スピードが少し遅くてもこのようにサービス面でメリットになる点が多いのでアイフルの人気も高いです。

学生でもキャッシングは利用できる?

キャッシング、というと定職に就いた社会人が利用するもの、という印象があり、学生の方には敷居が高そうなイメージもあるかと思います。
さて、学生の方でも利用できるキャッシングというのはあるのでしょうか。

率直に言いますと、キャッシングの審査基準は「20歳以上である」「安定した収入がある」の2点のため、この2点を満たせば、学生の方でもキャッシングの審査を通過することはできます。
年齢に関しては厳格な規定があり、未成年の方は残念ながら利用できません。年齢を満たしており、アルバイトなどをして自ら収入を得ている方であれば、上記の2点を満たせる為利用可能です。
また、両親から一定額以上の仕送りを貰っているなど、本人の所得以外にも返済に使える財源があると判断できる場合は、これも加味して審査される場合があります。

また、学生なので保護者の同意が必要なのでは? という不安がある方もあるかと思いますが、成人であれば保護者の承認は不要の場合がほとんどです。
この財源の判断、保護者の同意の要否などの基準はキャッシング会社によって変わってくるので、確認してみてください。
もちろん契約だけでなく、利用方法・返済方法などもきちんと確認して、計画的・有効的なキャッシング活用をしていきましょうね。

アルバイトでもキャッシングできる?

アルバイト をしている人でも、急にお金が必要になることはありますよね?飲み会が多かったり欲しい物が見つかったりと、アルバイトのお給料だけでは
お金が足りなくなってしまう場合もあるでしょう。そこでキャッシングという手段があります。しかし、アルバイトでキャッシングのサービスを受けられるか不安になる人もいるでしょう。
安心してください。最近ではアルバイトをしている人でも、きちんと安定した収入が毎月あって返済の見込みができる人なら、審査に受かってキャッシングサービスを利用することができます。

キャッシングを利用するには消費者金融会社の審査に受かる必要があります。
この審査では、アルバイトでも1年以上の継続した勤務があると有利と言われていますので、キャッシングを利用したい人はこの辺も気をつけましょう。
また、消費者金融会社の審査に受かる重要な点は「在籍確認」です。これは、消費者金融会社がアルバイトの職場に電話をかけて、本当にそこで働いているかどうかを確かめる確認の作業です。
これが確認できれば、職場で毎月収入を得ているということが判明して、勤務継続期間が短くても審査に受かる可能性が上がります。

キャッシングサービスも商売なので、返済能力がある人に利用してもらいたいと思っているのです。

アコムのむじんくんで申し込みをする時は声の大きさに注意!

アコムは無人契約機のむじんくんで申し込みをすると契約完了後にカードが発行されます。しかもむじんくんの中にATMも設置されているのでカードが発行された後にすぐお金を借りる事が出来ます。消費者金融の中でも一番早くお金を借りる事が出来るという声もよく聞かれますが、むじんくんで申し込みをする時は注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

むじんくんは個室ブースのような感じになっているので外から中の様子を見る事は出来ません。しかしオペレーターと電話で会話をしている時に大きな声を出してしまうと外に漏れてしまう可能性があります。それで周囲の人に聞こえてしまうのでむじんくんで申し込みをする時は大きな声を出さないように注意しましょう。

アイフルの「おまとめMAX」は、メリットの多いおまとめローン

大手消費者金融として名前が挙がるのは、プロミス、アコム、アイフル、そしてモビットですが、ATM設置数が1000台以上のプロミス、クレジット機能付きローンカードを発行しているアコム、審査のスピードでは定評がモビット等、各社がそれぞれ独自のメリットをアピールしているのに対して、アイフルややや出遅れている感じがします。

が、アイフルにも、実は密かに注目されているサービスがあります。それは「おまとめMAX」です。おまとめMAXは現在アイフルを利用している人、または過去にアイフルを利用したことがある人を対象としている低金利のおまとめローンです。金利は12.0%~15.0%で、銀行のカードローンと同じレベルに抑えられています。また、ほとんどのカードローンでは申込み者の年齢に上限が設定されていますが、おまとめMAXには年齢の上限設定がなく、70歳以上でも利用できるのが特徴の一つとなっています。

おまとめMAX利用の際の注意点は、おまとめローンなので、借入金の使い道は返済に限られていること。そのため、追加の借り家はできません。また、返済方法は口座振替のみとなっているので、銀行口座の残高に注意しておく必要があります。

審査についてはスピーディで、アイフルの店舗を直接訪れて契約ができる場合は、即日融資も可能となっています。

収入も安定!資産もあるなら無担保ローンはデメリット!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、保証人無し・無担保というのが一般的です。万が一の際を考えれば、不動産担保ローンに比べるとメリットがあるように思われます。ですが、どちらの場合でも、返済遅延・返済不能となった場合は財産を維持することは難しいものです。

そのため収入が安定し、不動産を所有している場合はカードローンやフリーローンのメリットは低くなります。不動産担保ローンなら教育費をより低金利で借り入れ出来るため、総返済額を大きく抑えることが可能です。さらに、不動産を担保とすることは、スコアリング判定や個人信用情報からの信用力に対して、資産保有という信用力を追加出来るものです。

不動産を所有しているのにも関わらず、資産自体が評価されないキャッシング契約は結果として損をしていることに繋がります。もし、祖父母や父母から相続した不動産を所有しており、使用目的がない場合は不動産担保ローンを利用して、より低い金利でのキャッシング検討が実際にはおすすめです。収入が安定し、借入額が少ない場合において完済できる可能性は高くなるため、リスク管理を行いながら利用すれば不動産担保ローンはデメリットばかりではありません。

銀行カードローンと消費者金融の関係

銀行カードローンは、審査が厳しく敷居が高いと敬遠される方もいらっしゃることでしょう。しかしそれは錯覚で、一部のプレミアムローン的な超低金利ローンを除いて、パートやアルバイトの方でも利用できる銀行カードローンが増えています。

なぜなら最近銀行カードローンの保証会社に消費者金融が入っていて、実質消費者金融が審査を担当するからです。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの保証会社は、同グループのアコムが行います。保証会社というのは、契約者が返済不能となった際に代位返済を行います。ですからバンクイックは、もし契約者が返済しなかったとしてもアコムが代わりに返済してくれるので、取りっぱぐれることはありません。ですから最近は属性の低めの申し込み者でも、金融事故を起こしていない限り審査に通る可能性が高いというわけです。

ただし保証会社の消費者金融の審査を落ちた人は、銀行カードローンの審査を通る可能性は絶望的です。例えば前述のバンクイックの保証会社であるアコムの審査を落ちた人は、バンクイックの審査には通りません。ですから銀行カードローンに申し込む方で過去に消費者金融の審査に落ちた方は、保証会社である消費者金融を事前に確認してから申し込みましょう。

アルバイト従業員がキャッシング契約をするためのコツ

最近では正社員では人でも契約できるキャッシングサービスが増えていますし、アルバイト従業員であっても契約できるサービスも数多くあります。アルバイト従業員がキャッシング契約をするために抑えておきたいポイントについて、詳しく解説をしていきます。

・最低でも6ヶ月以上の勤続期間が必要

キャッシング契約をするためには継続的な安定収入があることをキャッシング会社に認めて貰う必要があります。短期のアルバイトを転々としているなど現在のアルバイト先の勤続期間が極端に短い場合には安定収入がると認めてもらえない可能性が高くなります。最低でも6ヶ月間、できれば1年以上の勤続期間があると審査を通過できる可能性が高まります。

・他社の借入残高は出来る限り減らしておく

他社に多額の借入残高があるにもかかわらず申込みをした場合も、返済能力に乏しいと判断されてしまう可能性が高く、審査通過は難しくなります。できれば他社債務は完済しておくことをおすすめします。

・年収を確認しておく

消費者金融のキャッシングサービスは総量規制の対象サービスであるため、年収の3分の1を超える借入が不可とされています。自分の年収をしっかり確認し、利用限度額は確実に年収の3分の1以下として申込みを行いましょう。