延滞には要注意!キャッシングにおける返済とは

初めてお金を借りる際は精一杯努力するものですが、いざ返済の時になると結構いい加減にしてしまうというのがキャッシングをする人に多い傾向です。しかし、キャッシングにおける返済には早く返すための方法というものを理解しているだけで、金利、利息をかなり節約することができるのです。

毎月の返済でほんのわずかな金額でもよいので、少しだけでも多く返済することにより、最終的には数万~数十万円という利息を節約することができる、ということをこれから返済を行っていくという方に是非とも知ってもらいたいのです。

キャッシングにおいて利息総額や返済の期間を算出するために必要とされるものは、「借入金額(残高)」「金利(年率)」「毎月の返済予定額」です。これらの情報を用いてキャッシング業者のホームページなどで返済額のシュミレーションが可能となっていますので、あわてないでいいように事前に返済のシュミレーションを行っておきましょう。

また、初めての方で「借金をはやく返済したい」「利息に困っている」という方はできる限り「繰り上げ返済」するようにしましょう。

キャッシングには最小返済額、つまりは「最低限これだけは返済しなければなりませんよ」という決まった金額があるのです。毎月行われる返済では、最小返済額以上のお金を返済していくことになるのです。つまり「最小返済額よりも大きい金額で返済を行うこと」を「繰り上げ返済」というのです。

繰り上げ返済を毎月行っていくことで、借り入れた元金は早く減っていき、返済する期間も段々と短くなっていき、利息の総額もきっちりと抑えることが可能となっています。毎月数百円~数千円程度でもかなり利息を落とすことができるので、返済時にはできるだけ繰り上げ返済を意識して多めに返済するとよいでしょう。

また繰り上げ返済は、早く返済すればするほどその利息節約効果が大きくなっていきます。まとまった金額を返済するといった場合は、できる限り早いタイミングで返せるようにしておきましょう。

キャッシングの借り換えのタイミングは金利で判断する

すでにキャッシングを利用していて、他のキャッシングに借り換えるかどうかを考えるのは金利が低く借りることができる金融機関を見つけたときでしょう。借り換えには金利が低い金融機関の審査に通る必要がありますが、高い金利の金融機関に長く返済を続けていればいるほど利息はかさむことになりますから、借り換えのタイミングが訪れたと判断すれば早く行動するほうがメリットが大きくなります。

住宅ローンなどのローン商品では残債の一括返済には少なくない手数料がかかることが多いので、手数料と利息額の減額分を正確に計算しなければならないのですが、一般的な無担保キャッシングの残債の一括返済では手数料がかからないと考えられますから、金利が低くなった分はメリットしかないのです。

せっかく利用している金融機関で借りて、順調に返済を続けているのだから、借り換えするのは面倒だ、などを考えていては自分が損をするだけです。無担保キャッシングが一括返済に手数料がいらないのはもともと金利が高いからです。少しでも金利が低い金融機関を見つけたならば遠慮なく借り換えを早めにすべきです。どの金融機関から借りても自分に有利になるように考えるべきだからです。

大手銀行とネット銀行のカードローンの特徴

銀行カードローンは大手銀行とネット銀行のカードローンが人気となっています。それによりどちらを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。そこで大手銀行とネット銀行のカードローンのそれぞれの特徴を見ていく事にしましょう。

・即日融資も可能な大手銀行のカードローン

銀行カードローンは審査が厳しい傾向があって融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いです。それにより即日融資を受けるのが難しいと言われていますが、大手銀行のカードローンは即日融資を受ける事も可能になっています。店舗内に設置されている契約機で申込手続きをすると審査が即日回答されて即日融資を受ける事が出来ます。条件がありますが、即日融資を希望している人は大手銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。

・WEB完結で申込手続きが出来るネット銀行のカードローン

ネット銀行は店舗や契約機が設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。ホームページからWEB完結で申込手続きが出来るのでネット環境が整っていれば来店不要でお金を借りる事が出来ます。申し込みに手間をかけたくない人はネット銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。また24時間いつでも対応しているので忙しくて時間が取れない人もネット銀行のカードローンを選ぶがオススメです。

利用限度額の増額申し込みは成功するとは限らない

カードローンへ申し込みを行った直後に設定される利用限度額は、過去に取引を行ったことが無い金融グループの場合ほど様子見のために少額の利用限度額が設定されがちです。最初から100万円を超える利用限度額が設定されるのは、公務員や上場企業の社員に限られてしまうでしょう。消費者金融と銀行カードローンでは、審査内容は非公開となっていますが、個人信用情報機関への照会結果から判断可能な利用限度額よりも最初は少な目に設定することは珍しくありません。

借入と返済が利用限度額の範囲内で自由に行えるカードローンでは、慎重に利用していないと利用可能額を使い切ってしまうことがあります。利用限度額の増額申し込みが約款上は可能となっていることが多いので、銀行や消費者金融のコールセンターへ連絡して、増枠依頼をかけることが可能です。

しかし、増額申し込みを利用者側から行った場合には、お金に忙しい人という認識を貸金業者から見られてしまうリスクを抱えています。消費者金融ならば、総量規制にかかるほどの借入残高があれば、増額申し込みの有無に関わらず、年収の1/3に借入残高が到達した時点で借入はストップします。銀行カードローンでは、新しい増額申請額での再審査が行われるので、結果的に利用限度額が状況次第で減額されてしまう可能性もあると知っておかなければなりません。

もしもの時のキャッシングの利用について

消費者金融でキャッシングを利用する場合、様々なことに注意しながら利用することが重要になります。申し込みから借り入れまで非常にスピーディーに行うことができるので、手軽にキャッシングできるメリットがありますが、簡単に利用できる万キャッシングに頼りすぎてしまい返済が難しくなってしまう場合もあるようです。

自分が現在どのくらいの借り入れを行っているかしっかりと把握した上で利用していくことが重要になるのではないでしょうか。またキャッシングは返済が長引くと、支払う利息も増えてきます。なるべく利息を少なくしたり、無利息で利用できるように計画することが重要です。

利息を少なくするためには、低金利のキャッシングサービスを選ぶ必要があるでしょう。銀行のキャッシングは消費者金融よりも低金利になっていますが、審査が難しい面もあり利用できない方も多いようです。銀行のキャッシングよりも金利が高い消費者金融ですが、様々な条件を満たしていることで無利息での利用も可能な業者があるので、そのような業者を活用すると、お得にキャッシングを利用することができるのではないでしょうか。

自分が借入している金額と返済すべき金額をしっかりと確認した上で、利用を検討するよりしましょう。

銀行カードローンを契約する際、自動融資サービスがあると意外に使い勝手が良い!

銀行カードローンは、大手消費者金融のカードローンより金利が3~4%ほど低く、総量規制が適用されないとうことで人気があります。また、毎月の返済が銀行口座から振り替えにより、返済忘れといった問題も回避することが出来ます。

しかし、銀行カードローンを利用し、銀行口座も開設するのであれば自動融資サービスが付いているものがおすすめです。今では、銀行口座を給与振込用兼引落用口座とし、預金管理を行うため、別口座を利用する方も少なくはありません。ですが、毎月の公共料金やクレジットカードの引落において、口座残高が不足するリスクも生じてしまいます。

この場合、クレジットカードの支払いが遅延することとなり、事故情報が個人信用情報に残ってしまいます。そこで、このような問題を回避するため、銀行口座の残高が不足した場合、自動融資を受けることで引落不能といった問題が無くなります。ちょっとした金額が不足しただけで、金融事故履歴が残るのは勿体ないことです。

しかし、自動融資サービス付きのカードローンを契約することで、他金融サービスの契約審査を受ける際のリスクを軽減することが出来ます。カードローンを検討する際、金利や利用限度額だけでなく、付帯サービスの充実性も考慮するのが重要です。

カードローンを提携ATMで利用する際に注意することとは?

今では、コンビニATM、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATMそして地域や銀行が一体となって借り入れ可能なATMが増えています。しかし、銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンを提携ATMで利用する場合、利用可能時間帯や利用手数料には十分注意する必要があります。大手銀行カードローンの場合、セブン銀行やイーネットATMなど24時間利用可能であり、利用手数料も無料といったサービスがあります。しかし、地方銀行のカードローンの場合、平日は7時から23時まで、土日祝日は8時から21時までの利用に限定されるなど、深夜や早朝の借り入れが出来ない場合が多くあります。また、利用手数料が108円または216円も掛かるケースが多く、借り入れを行う際は利用する頻度に注意する必要があります。コンビニATMは、身近な存在になっているものの、いざ利用しようとしたら借り入れが出来ないという問題を生じさせてしまいます。そのため、カードローンを契約する際は、提携ATMが使える時間帯や利用手数料を把握しておくことが非常に重要です。また、ATM返済方式のカードローンの場合、提携ATMからの返済手続きに対応していないこともあるため、返済日ギリギリといった時には要注意であり、返済遅延の要因となってしまいます。

『ご利用と返済は計画的に』とありますが、現金的な問題だけでなく、借入や返済方法にも計画性が必要です。

私の使い方にいちばん合ったキャッシングを見つけました

いろいろな消費者金融を慎重に検討した結果、私は新生銀行のレイクに申し込みをしました。お金に係わることなので様々な消費者金融のホームページを見たり、口コミを読んだりして比較検討しました。最終的に3社まで消費者金融を絞りこんだあと、私はレイクに申し込みをしました。私がレイクに決めたのは無利息キャッシングでした。

無利息キャッシングはレイク以外の消費者金融にもあるのですが、レイクの無利息キャッシングは使い勝手が他社のものより私にとって合っていると思えたのです。レイクの無利息キャッシングには2種類あります。初回契約日から30日間利息のかからないキャッシングと初回契約日から180日間利息のかからないキャッシングの2種類です。

30日間無利息キャッシングは他社にもあるのですが、180日間無利息キャッシングは私が調べた時点では他社には無かったように思います。5万円までという縛りはるのですが180日間であれば何回キャッシングを利用しても5万円までなら利息が0円というのは私にはとても好ましく思えたのです。

私がキャッシングで借りたいと思っていたのは1万円とか2万円くらいです。生活費が困ったときにちょっと借りられたら良いと思っているので1回で5万円も借りることはないのです。こういった私の利用の仕方を考えれば180日間無利息キャッシングのあるレイクがいちばん良いと思ったのです。これから消費者金融の利用を始める皆さんも、ご自身の使い方に合ったキャンピングサービスを見つけて欲しいと思っています。

銀行カードローンと消費者金融の違い

お金を借りるときには銀行カードローンか消費者金融で融資を受けることを考えますよね。どちらで借りたほうがいいか悩むと思います。銀行カードローンと消費者金融の違いはわかりますか?

銀行カードローンは審査は厳しいですが、金利が低く設定されていることが多いです。一方消費者金融は銀行よりは審査は甘めですが、金利は銀行より高めに設定されていることが多いです。消費者金融は総量規制の対象になっています。総量規制とは年収の3分の1以上は借り入れができないということです。

例えば年収300万円の場合は100万円までしか借り入れることができません。100万円異常借り入れたい場合は困りますよね。銀行カードローンは総量規制の対象外なので100万円以上の借り入れが可能です。消費者金融は収入がなければ利用はできませんが、銀行カードローンは専業主婦など収入のないかたでも利用が可能です。銀行カードローンと消費者金融の違いを理解して自分に合った借り入れをしてください。

初めてのキャッシングで知っておきたい3つのポイント

初めてキャッシングを利用する人は、きっと不安も少なくないことでしょう。金利が高い、万一返済が遅れたら厳しい取り立てに遭うなど、悪いイメージを持っている人もいるかもしれません。

何事も初めての時は不安がありますが、キャッシングに関してはポイントさえ押さえておけばそれほど不安がる必要はありません。現在は利息制限法の範囲内で借りられるようになっており、映画で見るようなやくざまがいの取り立てもありません。押さえておきたい主なポイントとは、キャッシングの種類と総量規制、それに審査の3つです。

まずは種類ですが、消費者金融、信販系、銀行系の3つがあります。もともとはキャッシングサービスと言えば消費者金融のお家芸ですが、今では大手銀行、地方銀行もほとんどが扱っています。一概にあてはめることはできませんが、消費者金融は審査が早い、銀行系は金利が安いが審査が厳しめ、信販系はクレジットカードに付随しているサービスと覚えておくと良いでしょう。利用目的によって絞り込めるはずです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入はできないという決まりのことで、消費者金融と信販系はほぼこれに当てはまります。逆に言えば、安定収入があれば借入できる可能性が高いでしょう。

最後に審査についてですが、融資にあたっては必ず審査が行われます。本人確認書類が必要となり、職場への在籍確認が行われることも知っておきたいポイントです。審査の際、信用機関への照会が必ず行われますので、数年以内に延滞や債務整理の経験などがある人は審査にパスすることは難しいと思っておきましょう。