Jスコアの特徴とメリットについて

カードローンを利用した場合の金利の相場は、大手消費者金融で17.8~18%、中小の消費者金融だと20%になります。メガバンクだと少し低くなり、約14.5%になります。

あまり知られていはいませんが、メガバンクよりもはるかに低い12%という金利でお金を借りることができる金融機関があります。それがJスコアです。

Jスコアはみずほ銀行とソフトバンクが設立した会社で、AIスコア・レンディングという個人向けの融資を行っています。AI(人工知能)によって金利や限度額が自動的に決まるフィンテックを活用し、自動契約機やATMを設置しないことで経費を抑え、他の金融機関よりも遥かに低い金利を実現しています。

自動契約機やATMがないので、手続きは全てインターネットで完結します。返済方法の選択肢が少ないことがデメリットですが、Pay-easyを利用して手数料無料で返済したり、繰り上げ返済することも可能です。金利を重視するなら、Jスコアでの借り入れを検討してみてはどうでしょうか。

アルバイトの人がキャッシングを利用するための条件

アルバイトで働く人がキャッシングを利用する場合、どの程度の年収が必要か気になる人も多いでしょう。基準は業者によって異なりますが、100万円以上ある方が審査には通りやすくなります。ただ、100万円以下でも同じ勤務先で長く働いている、他社借入がなく信用情報にも問題がないという場合は審査に通る可能性があります。

信用情報に関しては、キャッシングの利用経験がなければ問題が発生することもないと考える人もいるでしょう。しかし、携帯電話の割賦の支払状況や奨学金の返済情報など、意外な情報が記載されていることもあります。

そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に影響を与える支払いの遅れや返済の遅れがないかを見直しておく方が良いでしょう。

自動契約機で簡単スピーディーに

キャッシングの流れについて、私が経験したことを中心にまとめたいと思います。キャッシングを行う際は、基本的に自動契約機だと思います。中に人がいるのではなく、タッチパネルや電話などで契約を勧めていきます。身分証の提示もコピー機のような感覚でできます。電話も顔を合わせることはないので、あまり緊張せずに行えるかと思います。

機械音痴の人は少し戸惑うこともあると思いますが、何かあれば電話がかかってきて丁寧に教えてくれます。時間としては、本当に早くてあっという間です。数十分で簡単に済みます。そしてお金はその日のうちに借りることができます。お金がすぐに必要な人は助かりますね。簡単に借りることが出来るので、返済までの利用を計画的に考えて試してみてもいいかと思います。

アルバイトやパートで働いている人がキャッシングに申し込む場合に気を付けたいこと

消費者金融のキャッシングは、本人に定期的な収入があれば申し込めます。収入の金額に規定はないので、パートやアルバイトなど、フルタイムでは働いていない人でも申し込み可能です。

アルバイトやパートの人がキャッシングに申し込んだ場合、重視されるのは、同じ勤務先でどれくらい働いているかという点です。長ければ長いほど、安定した収入があり返済能力があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。最低でも半年以上の勤務期間はほしいところです。

また、キャッシングの利用限度額は収入も考慮されて決まります。特に初めてのキャッシング申し込みでは、フルタイムで働いている人でも、50万円以上の融資は難しくなります。アルバイトやパートで働いている場合は、あまりにも高額の借り入れを申し込むのは止めた方がよいでしょう。

プロミスのおまとめローンの利点と注意点

プロミスでは他社からの債務を借り換えて計画的にローンの完済を目指すのに便利なおまとめローンというローン商品があります。プロミスのおまとめローンの利点と注意点を解説してきます。

まず利点ですが、借り換え額の総額が年収の3分の1を超えていても利用できることが挙げられます。プロミスのカードローンなどは総量規制のために年収の3分の1を超える借り入れはできないのですが、おまとめローンは例外的に総量規制対象外となっているので年収による借り入れ制限がないのです。

一方の注意点ですが、インターネットからの申込みには対応していないことが挙げられます。申し込むためにはプロミスの店頭窓口か自動契約機に来店する必要がある点に要注意です。

おまとめローンを利用した場合の信用情報

借金をひとつにまとめて、返済しやすい状態を作ることができるおまとめローンですが、利用をすると信用情報に傷がつくのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし、おまとめローンを利用しても信用情報に傷がつくことはありません。

信用情報に事故情報が記載されると、その情報が消えるまでの5年から10年の間、新たに借入ができない状態になってしまいます。しかし、信用情報に影響が出ないおまとめローンであれば、総量規制の上限に余裕があれば新たに借入ができる可能性があります。

そして、住宅ローンや車のローンなども利用可能なことが殆どです。そのため、多重債務で悩んでいるのであれば、信用情報に影響が出ないおまとめローンを考えてみると良いでしょう。

キャッシング審査は外国人でもOKでした

アメリカから日本にやってきた知人がいます。彼はキャッシングの審査を受けていましたが、無事通っていましたよ。外国人は不利になるのかなと思っていたのですが、最近は日本も外国人だらけですしそれだけで区別されたりはしないのですね。ちなみに、彼はちゃんと日本で働いていて安定した収入があります。今回は、親御さんが倒れて一時的にアメリカに戻らなければならなくなったり、そもそも冠婚葬祭などで貯金がかなり減ってしまっていた時だそうです。

もちろん大きな金額は借りられなかったみたいですが、それでも助かりますよね。遠い外国で困った時にお金が借りられたというのは、大きな成功体験になると思います。今後ますます外国人が増えるでしょうから、より借りやすくなると良いですね。

楽天銀行スーパーローンはポイントが貯まるカードローン

ット通販をよく利用するという人におススメしたいのが、楽天銀行のスーパーローンです。

スーパーローンに申し込んで会員登録するだけで楽天ポイントがもらえる、利用状況に応じて楽天ポイントがもらえる、というように、楽天IDと連動させることで、ポイントがたまります。銀行のカードローンなので、金利が14.5%と低めになっている点も魅力です。

スーパーローンは、楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めます。むしろ、楽天銀行に口座を持っていない人の方がお得になります。スーパーローンと楽天銀行の口座開設を同時に申し込むことで、初回の借り入れに30日間の無利息サービスが適用されるからです。

楽天銀行も、口座の利用状況に応じてスーパーポイントが貯まるので、併せて利用することでお得感が高くなります。

利息の高さでキャッシングを選ぶ

急にお金が必要になった時に、多くの人々が消費者金融会社からキャッシングするといった事が増えています。キャッシングの特徴は、限度額まで借り入れが行え、その借りたお金は支払いなど様々な用途で使える事であり、住宅ローンやマイカーローンなどと比較して自由度がある点です。

借り易いキャッシングですが、利用する際に注意するべき事は利息がどれだけ発生するのかという事です。利息が高ければ、返済額がそれだけ高くなってしまいますので、出来るだけ利息を抑えたいところです。

キャッシングを活用するには貸付利率が低いサービスを選びます。貸付利率が低ければ低いほど、返済時の負担が減りますので、ユーザーには使い易いサービスとなります。

キャッシングは限度額を考えて利用してきましょう

キャッシングの利用には限度額というものがあります。消費者金融系のキャッシングでは総量規制により年収の3分の1までしか融資をうけることはできませんが、限度額によって実際に融資を受けられる金額は年収の3分の1より小さくなるのが通常です。キャッシングはとても便利なサービスなので、限度額のことをうっかり忘れて借り過ぎてしまわないよう注意する必要があります。

フリーターの方やパートタイムで働かれている方の限度額は10万円前後に設定されることが多いようです。お小遣いの足しにしたいからと言って1万円2万円と借りてしまうとすぐに限度額の10万円に届いてしまいます。限度額を超えて融資を受けることはできませんので、本当にお金が必要となったときにキャッシングの利用ができなくなってしまいます。キャッシングは限度額を考えて利用していくようにしましょう。